メルセデス、時計メーカー「IWC」とのコラボモデルを発表

2008.05.15 自動車ニュース

メルセデス、時計メーカー「IWC」とのコラボモデルを発表

独ダイムラーは2008年5月7日、スイスの時計メーカー「IWC」とのコラボレーションモデル、「メルセデス・ベンツSL63AMG Edition IWC」を発売すると発表した。

「SL63 AMG Edition IWC」は、メルセデスの最上級オープン「SL63AMG」をベースに、特別な内外装を与えられたモデルだ。
エクステリアは、特別仕様車「デジーノ」シリーズでおなじみの白いボディに、カーボンのエアロでドレスアップ。シートは茶の高級ナッパレザーで仕立て、センターコンソールやドアパネルにはカーボンマットトリムを奢った。
フロアマットやサイドシルにはAMGロゴが、センターコンソールにはIWCのロゴが添えられる。

エンジンは、ベースモデルと変わらぬNAの6.2リッターV8ユニット。とはいえ、525ps、64.2kgmを発生。7段ATを介し、4.6秒で100km/hに到達。そのままリミッターが利く最高速300km/hまで加速するという。
「AMGパフォーマンスパッケージ」によるハンドリングもまた、セリングポイントである。

同車のオーナーには、IWCのリストウォッチ「Grosser Ingenier」(グロッサー・インヂュニア=偉大なエンジニアの意)が贈られる。
今回のモデルは、200台の限定。価格は未発表ながら、今秋から受注を始め、年内11月には顧客のもとに届けられるとのことである。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツSL63AMG Edition IWC」
「メルセデス・ベンツSL63AMG Edition IWC」

メルセデス、時計メーカー「IWC」とのコラボモデルを発表の画像

メルセデス、時計メーカー「IWC」とのコラボモデルを発表の画像
限定車のオーナーに贈られる、「IWCグロッサー・インヂュニア」。背面はスケルトンになっており、IWCのペラトン式ムーブメントを覗き見ることができる。
ちなみに、メルセデスとIWCのコラボレーションは、2004年10月の「CLS55 AMG IWC Engineer」が始まり。
限定車のオーナーに贈られる、「IWCグロッサー・インヂュニア」。背面はスケルトンになっており、IWCのペラトン式ムーブメントを覗き見ることができる。
ちなみに、メルセデスとIWCのコラボレーションは、2004年10月の「CLS55 AMG IWC Engineer」が始まり。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツが「SL」に新しいフロントデザインを採用 2016.6.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが大幅改良を施した「SL」を発売。フロントまわりの意匠を変更したほか、V6モデルのエンジンを新世代の3リッターV6直噴ツインターボとした。また旋回時に車体をコーナーの内側にロールさせる「ダイナミックカーブ機能」を新採用した。
ホームへ戻る