メルセデス、時計メーカー「IWC」とのコラボモデルを発表

2008.05.15 自動車ニュース

メルセデス、時計メーカー「IWC」とのコラボモデルを発表

独ダイムラーは2008年5月7日、スイスの時計メーカー「IWC」とのコラボレーションモデル、「メルセデス・ベンツSL63AMG Edition IWC」を発売すると発表した。

「SL63 AMG Edition IWC」は、メルセデスの最上級オープン「SL63AMG」をベースに、特別な内外装を与えられたモデルだ。
エクステリアは、特別仕様車「デジーノ」シリーズでおなじみの白いボディに、カーボンのエアロでドレスアップ。シートは茶の高級ナッパレザーで仕立て、センターコンソールやドアパネルにはカーボンマットトリムを奢った。
フロアマットやサイドシルにはAMGロゴが、センターコンソールにはIWCのロゴが添えられる。

エンジンは、ベースモデルと変わらぬNAの6.2リッターV8ユニット。とはいえ、525ps、64.2kgmを発生。7段ATを介し、4.6秒で100km/hに到達。そのままリミッターが利く最高速300km/hまで加速するという。
「AMGパフォーマンスパッケージ」によるハンドリングもまた、セリングポイントである。

同車のオーナーには、IWCのリストウォッチ「Grosser Ingenier」(グロッサー・インヂュニア=偉大なエンジニアの意)が贈られる。
今回のモデルは、200台の限定。価格は未発表ながら、今秋から受注を始め、年内11月には顧客のもとに届けられるとのことである。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツSL63AMG Edition IWC」
「メルセデス・ベンツSL63AMG Edition IWC」

メルセデス、時計メーカー「IWC」とのコラボモデルを発表の画像

メルセデス、時計メーカー「IWC」とのコラボモデルを発表の画像
限定車のオーナーに贈られる、「IWCグロッサー・インヂュニア」。背面はスケルトンになっており、IWCのペラトン式ムーブメントを覗き見ることができる。
ちなみに、メルセデスとIWCのコラボレーションは、2004年10月の「CLS55 AMG IWC Engineer」が始まり。
限定車のオーナーに贈られる、「IWCグロッサー・インヂュニア」。背面はスケルトンになっており、IWCのペラトン式ムーブメントを覗き見ることができる。
ちなみに、メルセデスとIWCのコラボレーションは、2004年10月の「CLS55 AMG IWC Engineer」が始まり。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 第3回:“人車一体”が味わえる!
    「CTSセダン」街乗りインプレッション
    2017.3.3 特集 キャデラックのセダンと聞いて、皆さんはどんな走りのクルマをイメージするだろうか? 今回は、webCG編集部のスタッフが、ミッドサイズセダン「CTS」に初めて試乗。その印象を報告する。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
ホームへ戻る