メルセデス、時計メーカー「IWC」とのコラボモデルを発表

2008.05.15 自動車ニュース

メルセデス、時計メーカー「IWC」とのコラボモデルを発表

独ダイムラーは2008年5月7日、スイスの時計メーカー「IWC」とのコラボレーションモデル、「メルセデス・ベンツSL63AMG Edition IWC」を発売すると発表した。

「SL63 AMG Edition IWC」は、メルセデスの最上級オープン「SL63AMG」をベースに、特別な内外装を与えられたモデルだ。
エクステリアは、特別仕様車「デジーノ」シリーズでおなじみの白いボディに、カーボンのエアロでドレスアップ。シートは茶の高級ナッパレザーで仕立て、センターコンソールやドアパネルにはカーボンマットトリムを奢った。
フロアマットやサイドシルにはAMGロゴが、センターコンソールにはIWCのロゴが添えられる。

エンジンは、ベースモデルと変わらぬNAの6.2リッターV8ユニット。とはいえ、525ps、64.2kgmを発生。7段ATを介し、4.6秒で100km/hに到達。そのままリミッターが利く最高速300km/hまで加速するという。
「AMGパフォーマンスパッケージ」によるハンドリングもまた、セリングポイントである。

同車のオーナーには、IWCのリストウォッチ「Grosser Ingenier」(グロッサー・インヂュニア=偉大なエンジニアの意)が贈られる。
今回のモデルは、200台の限定。価格は未発表ながら、今秋から受注を始め、年内11月には顧客のもとに届けられるとのことである。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツSL63AMG Edition IWC」
「メルセデス・ベンツSL63AMG Edition IWC」

メルセデス、時計メーカー「IWC」とのコラボモデルを発表の画像

メルセデス、時計メーカー「IWC」とのコラボモデルを発表の画像
限定車のオーナーに贈られる、「IWCグロッサー・インヂュニア」。背面はスケルトンになっており、IWCのペラトン式ムーブメントを覗き見ることができる。
ちなみに、メルセデスとIWCのコラボレーションは、2004年10月の「CLS55 AMG IWC Engineer」が始まり。
限定車のオーナーに贈られる、「IWCグロッサー・インヂュニア」。背面はスケルトンになっており、IWCのペラトン式ムーブメントを覗き見ることができる。
ちなみに、メルセデスとIWCのコラボレーションは、2004年10月の「CLS55 AMG IWC Engineer」が始まり。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る