特別なレガシィ「S402」、限定で発売

2008.05.14 自動車ニュース
スバル・レガシィ「S402ワゴン」
特別なレガシィ「S402」、限定で発売

特別なレガシィ「S402」、限定で発売

富士重工業のモータースポーツ専門会社、スバルテクニカインターナショナル(STI)は、「スバル・レガシィ」のツーリングワゴンとB4に特別仕様車「S402」を設定。両車あわせて402台限定で、2008年6月27日に発売する。

セダンバージョンのリアビュー。専用マフラーが顔をのぞかせる。サイドシルプレートやシフトノブ、エンジンカバーなどには、S402のロゴが付けられる。
特別なレガシィ「S402」、限定で発売

「S402」は、レガシィツーリングワゴンとレガシィB4をベースに、STIが「究極のグランドツーリングカーを目指した」という限定モデルだ。

エクステリアは、専用のフロントフェンダーで左右が20mmずつワイドに。ドライカーボン製のフロントアンダースカートが、スペシャル感をアピールする。
インテリアには専用の本革表皮や座面形状を持つシートを採用し、黒系の配色でまとめられた。

パワーユニットは、2.5リッターDOHCボクサーエンジンに専用のツインスクロールターボとECU、排気システムを組み合わせ、285ps/5600rpm、40.0kgm/2000-4800rpmを発生。本家の「レガシィアウトバック2.5XT」に搭載される2.5リッターDOHCターボ(265ps/5600rpm、35.7/2400rpm)を上まわる。

足まわりは、減衰特性を変更したビルシュタイン製サスペンション、フレキシブルタワーバー、フレキシブルロアアームバーなどを採用。BBSの18インチ鍛造アルミホイールを組み合わせる。路面接地性を向上させ、しなやかな乗り心地としっかり感のある乗り味を両立させたという。
前後ブレーキにはブレンボ製キャリパーを採用。さらに、専用チューニングを施したVDCで挙動の安定化を図った。

価格は、ツーリングワゴンベースの「レガシィ S402ワゴン」が549万1500円、B4ベースの「レガシィ S402セダン」が535万5000円。
「マッキントッシュサラウンドシステム」装備車も、それぞれ16万8000円高で用意される。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
ホームへ戻る