「フィアット500」に1.4リッターモデル追加

2008.05.14 自動車ニュース

「フィアット500」に1.4リッターモデル追加

「フィアット500」に1.4リッターモデル追加

フィアットグループオートモビルズジャパンは2008年5月14日、コンパクトカー「フィアット500」に1.4リッターモデルを追加すると発表。5月24日から発売する。

「ポップ」グレード専用シートは、シート座面とヘッドレストおよびシート上部がツートーンにされるデザイン。(写真は本国仕様)
「フィアット500」に1.4リッターモデル追加

■1.2より安いベーシックグレード

1.2リッターSOHC(69ps、10.4kgm)モデルから販売がスタートした「フィアット500」に、このたび1.4リッターDOHCモデルが追加された。

搭載されるエンジンは、最高出力100ps/6000rpm、最大トルク13.3kgm/4250rpmを発生。トランスミッションは1.2リッター同様に、ATモード付きの5段2ペダルシーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」が組み合わされる。

1.4には新たに「スポーツスイッチ」が備わった。このスイッチを押すことで、電動パワーステアリングのアシスト力が軽減するほか、エンジンのマッピングをスポーティに変更、変速時間の短縮も行われ、スポーツ走行にふさわしい設定とされる。

発売されるのはベーシックグレードの「1.4 16Vポップ」で、価格は222.0万円。1.2リッターながらも最上位の装備を持つ「1.2 8Vラウンジ」(225.0万円)より低く設定された。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.11.19 試乗記 フィアットが初めて手がけた“Bセグメント”のクロスオーバーSUV「500X」。1.4リッターFFモデルに試乗してわかった、走りの特徴や乗り心地、燃費などを、項目ごとに詳しく報告する。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
ホームへ戻る