【スペック】全長×全幅×全高=4810×1935×1780mm/ホイールベース=2855mm/車重=2210kg/駆動方式=4WD/4.4リッターV8DOHC32バルブ(315ps/5850rpm、44.9kgm/3900rpm)/価格=885.0万円(テスト車=926.0万円/リアシートエンターテイメントシステム=32.0万円/冷蔵庫=9.0万円)(K)

ボルボ XC90 V8 TE(4WD/6AT)【試乗記】

帰り道に乗りたくなるタイプ 2008.05.14 試乗記 ボルボXC90 V8 TE(4WD/6AT)
……926.0万円

クルマにはそれぞれ性格がある。SUVはとかく万能な使い勝手が目指される傾向にあるが、それでも乗り味は千差万別。ボルボXC90は、500km程度の移動じゃ疲れない。これも味だろう。

“行き仕様”のクルマと“帰り仕様”のクルマ

なにか緊急の用事で、はるか数百キロ離れたところに一刻も早く行かなければならないとする。たとえば東京から大阪まで。クルマは自由に選んでいい。もしそのような状況になったら、あなたならどの車種を選ぶだろうか。想像するだけだから値段のことは考えなくていい。制限速度もこの際無視。さて、どうするか。

パワフルでリミッターがないポルシェ911か。それとも意のままに操る感覚が味わえるBMWか。選択肢は色々あるが、多くの人はスポーツタイプのクルマを選ぶのではないだろうか。

では次に、無事に任務を終わらせた後、自宅への帰りのアシとなると、どうだろう。もう急ぐ必要はないけれど、もはや体が疲れ切っている。そんな状況ではどうか。高速移動で疲れにくいと定評のあるメルセデス・ベンツか。あるいは乗り心地のよさからプジョーあたりを選ぶか。

往路のようなケースは滅多にないが、帰路に似たケースなら十分にありえる。クルマを自由に選ぶことはできないとしても、たとえば旅行帰りに友人のクルマを運転することになったとか、レンタカーでの旅とか、マイカー以外のクルマで長距離を移動するケースはなにかとあるものだ。

そういう状況で、クルマの諸性能に肌で触れ、いいクルマだと感じたり、そのクルマが欲しくなったり、あるいはもうそれで長距離を走るのはコリゴリだとか感じることがあると思う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC90の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • 第4回:BMWと比較試乗! ボルボV60 D4 SE 2015.8.3 特集 ボルボの基幹モデル「V60」は、クリーンディーゼルエンジンを得たことで、どんなクルマになったのだろうか。日本市場におけるディーゼル・ワゴンの先達(せんだつ)、「BMW 320dツーリング」との比較を通して、その実像に迫った。
  • 第3回:XC60 D4をハイブリッド車と乗り比べる 2015.7.30 特集 新世代クリーンディーゼルエンジンを搭載する「ボルボXC60 D4」に試乗。優れた環境性能を強みとするハイブリッドSUV「レクサスNX300h」と乗り比べ、このクルマならではの持ち味を確かめた。
ホームへ戻る