【Movie】新型「アルファード」お披露目イベントに釈由美子さん登場!

2008.05.13 自動車ニュース

【Movie】新型「アルファード」お披露目イベントに釈由美子さん登場!

トヨタ自動車は、2008年5月12日、高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」の発表会とともに、「釈 Meets the Real & Virtual Minivans」と題したお披露目イベントを開催。ゲストに女優の釈由美子さんが招かれた。

新型「アルファード」「ヴェルファイア」の詳しい内容は新車発表ニュースをご覧いただくとして、このイベントは、アルファードがお気に入りという女優の釈由美子さんを招いて実車をお披露目するとともに、会場からトヨタの仮想未来都市空間「メタポリス」に参加するなど、仮想世界と現実世界の融合という新しい試みとなった。

アルファード、ヴェルファイアの高級なイメージにあわせ、オートクチュールのドレスに「DIADDICT」のジュエリーを身につけ登場した釈由美子さんは、2007年の東京モーターショーで新型ヴェルファイアのコンセプトモデル「FT-MV」を見て一目惚れしたという。

今回いち早く実車をみて、「コンセプトモデルよりさらに高級感がましてステキですね。アルファードに似合う紳士的なかたと一緒にこの会場のようなステキなホテルにこれたらいいですね」とコメントした。代わってクールな印象のヴェルファイアは、自分で運転してみたいと話した。

クルマに限って!? 面食いだという釈さんは、2車種とも存在感がある力強いフロントマスクがお気に入りの様子。「気品のあるアルファードとセクシーなヴェルファイア、どちらも魅力的で、こんな男性がいたら迷っちゃいますね」と笑顔をみせた。

また、4月17日にオープンした仮想未来都市空間「メタポリス」でも、新型「アルファード」の発表会が行なわれ、イベント会場から釈由美子さんのアバターが参加。豊田副社長に「車内も見たりできるんですか?」と質問するなど仮想世界での発表会にも登場した。

釈由美子さんが2列目のキャプテンシートや、運転席のキーレスエントリーシステムを試した模様は、動画でご覧下さい。

【“おもてなし”もバッチリですね!】

アルファードに憧れていたという女優、釈由美子さんが、2列目キャプテンシートにさっそくチョイ乗り。さて、ご感想は……?

【ドッチも捨てがたいですねー……】

お次は、兄弟車のヴェルファイア。こちらは運転席のキーレスエントリーシステムを試してみました。

(動画=トヨタ自動車)

(webCG ワタナベ)

 
【Movie】新型「アルファード」お披露目イベントに釈由美子さん登場!の画像
釈由美子さんが着ているオートクチュールドレスは、「コージアトリエ」のデザイナー渡辺弘二さんが手がけたもの。また、胸元などに輝く「DIADDICT」の最高級ダイアモンドジュエリーは、総計50カラット、総額3億円相当だという。
釈由美子さんが着ているオートクチュールドレスは、「コージアトリエ」のデザイナー渡辺弘二さんが手がけたもの。また、胸元などに輝く「DIADDICT」の最高級ダイアモンドジュエリーは、総計50カラット、総額3億円相当だという。
メタポリスで行なわれた発表会にも同じオレンジの衣装で参加。
メタポリスで行なわれた発表会にも同じオレンジの衣装で参加。
メタポリスに登場した釈さんのアバターと一緒に記念撮影。
メタポリスに登場した釈さんのアバターと一緒に記念撮影。
 
【Movie】新型「アルファード」お披露目イベントに釈由美子さん登場!の画像
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
ホームへ戻る