「MINIロードスター」日本での価格決まる

2012.01.19 自動車ニュース

「MINIロードスター」受注開始 価格は334万円から

BMWジャパンは2012年1月19日、MINIブランドのニューモデル「ロードスター」の受注を開始した。

既報のとおり、2011年10月末に情報が公開されたMINIのオープン2シーターモデル「ロードスター」。今回、日本市場における価格が発表されるとともに、受注が開始された。

ラインナップは、主にエンジンのパフォーマンスをたがえる3種類。自然吸気の1.6リッター直4(122ps)を搭載する「MINIクーパー ロードスター」、1.6リッター直4ターボ(184ps)の「MINIクーパーS ロードスター」、そしてハイチューンが施された1.6リッター直4ターボ(211ps)を積む「MINIジョンクーパーワークス ロードスター」という顔ぶれだ。

トランスミッションは、「MINIジョンクーパーワークス ロードスター」が6段MTのみ。その他のモデルは、6段MTと6段ATが選べる。ハンドル位置は、すべて右のみとなる。

価格は、以下のとおり。

・MINIクーパー ロードスター(6MT):334万円
・MINIクーパー ロードスター(6AT):347万円
・MINIクーパーS ロードスター(6MT):364万円
・MINIクーパーS ロードスター(6AT):377万円
・MINIジョンクーパーワークス ロードスター(6MT):451万円

デリバリーは、2012年3月ごろからスタートする見通し。

(webCG 関)

関連キーワード:
MINIロードスターMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.25 試乗記 現行型MINIの3モデルが、デビューから4年を経て大幅にマイナーチェンジ。デュアルクラッチ式ATの採用とサスペンションの改良は、このクルマにどんな変化をもたらしたのか? スペイン・マヨルカ島での試乗で感じた、進化の程をリポートする。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
ホームへ戻る