「MINIロードスター」日本での価格決まる

2012.01.19 自動車ニュース

「MINIロードスター」受注開始 価格は334万円から

BMWジャパンは2012年1月19日、MINIブランドのニューモデル「ロードスター」の受注を開始した。

既報のとおり、2011年10月末に情報が公開されたMINIのオープン2シーターモデル「ロードスター」。今回、日本市場における価格が発表されるとともに、受注が開始された。

ラインナップは、主にエンジンのパフォーマンスをたがえる3種類。自然吸気の1.6リッター直4(122ps)を搭載する「MINIクーパー ロードスター」、1.6リッター直4ターボ(184ps)の「MINIクーパーS ロードスター」、そしてハイチューンが施された1.6リッター直4ターボ(211ps)を積む「MINIジョンクーパーワークス ロードスター」という顔ぶれだ。

トランスミッションは、「MINIジョンクーパーワークス ロードスター」が6段MTのみ。その他のモデルは、6段MTと6段ATが選べる。ハンドル位置は、すべて右のみとなる。

価格は、以下のとおり。

・MINIクーパー ロードスター(6MT):334万円
・MINIクーパー ロードスター(6AT):347万円
・MINIクーパーS ロードスター(6MT):364万円
・MINIクーパーS ロードスター(6AT):377万円
・MINIジョンクーパーワークス ロードスター(6MT):451万円

デリバリーは、2012年3月ごろからスタートする見通し。

(webCG 関)

「MINIロードスター」(さらに詳しい画像はこちら)
「MINIロードスター」(さらに詳しい画像はこちら)

関連キーワード:
MINIロードスターMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
ホームへ戻る