「ジープ・コンパス」2012年春に日本で販売開始

2012.01.19 自動車ニュース

クライスラー日本、新型「ジープ・コンパス」を2012年春に日本導入

クライスラー日本は2012年1月19日、ジープブランドのエントリーモデルとして、新型「ジープ・コンパス」を日本市場に導入すると発表した。発売は2012年春を予定しており、1月21日開幕の富山輸入車ショーを皮切りに各地の輸入車ショーに参考出品車として展示する。

今回日本導入が決まった「ジープ・コンパス」は、「ジープ・パトリオット」とプラットフォームを共有する兄弟モデル。パトリオットが伝統的なSUVデザインを採用するのに対し、コンパスは若者や女性をターゲットにしたモダンなスタイリングが特徴となっている。また、インテリアにはパトリオットの上級グレード「リミテッド」と同等の快適装備や安全装備が付与されるという。

パワーユニットは、2リッター直4 DOHC 16バルブエンジンにデュアル可変バルブタイミング(VVT)を搭載。CVTとの組み合わせによって、最高出力156ps/6300rpm、最大トルク19.4kgm/5100rpmを発生する。また、日本におけるジープしては初めて、FF車のみが設定される。ハンドル位置は右のみ。
価格は現時点では明らかにされていない。

(webCG)

新型「ジープ・コンパス」
「ジープ・コンパス」2012年春に日本で販売開始

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンパスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る