【スペック】全長×全幅×全高=3545×1625×1515mm/ホイールベース=2300mm/車重=1010kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC8バルブ(69ps/5500rpm、10.4kgm/3000rpm)/価格=233.0万円(テスト車=同じ)

フィアット500 1.2 8V ラウンジSS(FF/5AT)【ブリーフテスト】

フィアット500 1.2 8V ラウンジSS(FF/5AT) 2008.05.12 試乗記 ……233.0万円
総合評価……★★★★

生産終了から30年、同じ名前で復活を遂げた新生「フィアット500」。愛らしいデザインは大評判……さて、気になる乗り味は?

ひとを動かすコンパクト

クルマのダウンサイジングが叫ばれるようになって久しい。最近は、ガソリンの高値が引き金になって、ようやくあのアメリカでも小さなクルマへシフトする動きが見られるし、日本でもコンパクトカーや軽自動車への人気がますます高まっている。理由はともかく、結果としては悪くない。しかし、クルマ好きにしてみれば、より小さなクルマが、楽しさを見いだせるものばかりとはいいがたい。理性ではダウンサイジングの必要性を感じながらも、なかなか行動に移せないのは、クルマのほうにも少しは責任があるのではないか?

その点、“チンクエチェント”、すなわち、フィアット500は理屈抜きにダウンサイジングが実践できる逸材だ。意地悪な言い方をすれば、フィアット・パンダに高価な厚化粧を施しただけのクルマだが、それで大きなクルマからフィアット500に乗り換えようという気にさせるのだから、やはりイタリアンデザインの力は偉大である。

ダウンサイジングやエコは理性に訴えるだけではなかなか進まない。感性に訴えるプロダクトでその気にさせる。フィアット500はそのよいお手本といえる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る