「スバル・ステラ」シリーズに50周年記念モデルぞくぞく

2008.05.11 自動車ニュース
「スバル・ステラLリミテッド」
「スバル・ステラ」シリーズに50周年記念モデルぞくぞく

「スバル・ステラ」シリーズに50周年記念モデルぞくぞく

富士重工業は、スバル発売50周年を記念し、軽乗用車「ステラ」シリーズに特別仕様車と新グレードを追加。2008年5月15日に発売する。

「スバル・ステラ・リベスタS」
「スバル・ステラ」シリーズに50周年記念モデルぞくぞく

「ステラ」には、2つの特別仕様車を設定。
「Lリミテッド」は、「ステラL」をベースに、電動格納リモコンミラー、キーレスアクセス&スタート、オートエアコン、UVカットガラスなどを装備。専用ボディ色「コーラルオレンジメタリック」を採用した。
価格はベースモデルの「L」より4万6200円高で、FFが98万7000円、4WDが109万6200円。

「Rリミテッド」は、「ステラカスタムR」をベースに、HIDヘッドランプ、キーレスアクセス&スタート、独立3眼エレクトロルミネセントメーター、本革巻ステアリングホイール&シフトレバーなどを装備したモデル。専用ボディ色「WRブルーマイカ」を設定し、スポーツイメージの向上を図った。
価格はベースモデルの「R」より5万2500円アップして、FFが129万1500円、4WDが140万700円。

さらに、ドレスアップバージョン「ステラ・リベスタ」にはハイパワーバージョンの「リベスタS」を追加。DOHCスーパーチャージャーエンジンを搭載、最高出力を54psから64psにアップした。
内外装も「ブルーリフレクターHIDヘッドランプ」「キーレスアクセス&スタート」「独立3眼エレクトロルミネセントメーター」「i-CVTスポーツモード」などを専用に装備し、ゆとりある走りと機能性を高めたという。

価格はベースモデルの「リベスタ」より24万1500円アップして、FFが148万500円、4WDが158万9700円だ。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバル・ステラL(FF/CVT)/ステラカスタムRS(FF/CVT)【試乗速報】 2006.6.27 試乗記 スバル・ステラL(FF/CVT)/ステラカスタムRS(FF/CVT)
    ……110万4600円/152万2500円

    軽自動車のスタンダードとなったハイトワゴンが、ようやくスバルからも登場した。「ワゴンR」「ムーヴ」「ライフ」と強力なライバルが居並ぶ中で、「ステラ/ステラカスタム」が激戦区で戦うための武器とはいかなるものか。


  • スバル・ステラカスタムR リミテッドS(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2011.7.12 試乗記 ……136万円
    総合評価……★★★

    ダイハツからのOEM車として生まれ変わった「スバル・ステラ」シリーズ。その中身にスバルらしさは感じられるのか? スポーティグレードに試乗し、確かめた。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • 「スバル・ステラカスタム」に135万円の新グレード登場 2016.6.21 自動車ニュース スバルが軽乗用車「ステラ」を一部改良。「カスタム」に装備を簡素化し、価格を抑えた新グレード「F」を設定したほか、メーカーオプションである「プレミアムセレクション」「ブラックインテリアセレクション」の配色や装飾パネルの意匠を変更した。
  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


ホームへ戻る