プジョー、限定車「207アーバンムーブ」を発売

2012.01.19 自動車ニュース

プジョー、特別限定車「207アーバンムーブ」を発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年1月19日、プジョーのコンパクトモデル「207」シリーズに「207 Urban Move(アーバンムーブ)」を限定230台設定(ハッチバック150台、SW 80台)し、1月21に発売すると発表した。

今回の限定車「207アーバンムーブ」は、「207」および「207SW」のエントリーグレード「Style」をベースに、内外装と装備の充実を図った限定モデルだ。

エクステリアは、ベースモデル「Style」の15インチスチールホイール+カバーを、16インチアロイホイールにグレードアップ。インテリアには、レッド×ブラックのコンビネーションシートやレッドのシートベルトを採用する。装備面では、スーパーティンテッド・リアサイド&リアガラス、左右独立調整式オートエアコン、バックソナー、オートライト&オートワイパー、自動防眩(ぼうげん)式ルームミラー、照明付バニティーミラーが特別装備される。

同モデルに搭載されるエンジンは、1.6リッター直4DOHCで、組み合わされるトランスミッションは4段AT。右ハンドル仕様のみ。ボディーカラーは、ビアンカ・ホワイト、アルミナム・グレー、トリウム・グレー、オブシディアン・ブラック、アデン・レッドの、全5色が用意される。

価格は、「207アーバンムーブ」が204万円。「207SWアーバンムーブ」は230万円。

(webCG)

写真は、ベースモデルの「プジョー207 Style」。
写真は、ベースモデルの「プジョー207 Style」。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
ホームへ戻る