第40回:メルセデス圧勝の国イタリアに「巨大神殿」誕生

2008.05.10 エッセイ

第40回:メルセデス圧勝の国イタリアに「巨大神殿」誕生

「159」よりも「Cクラス」が売れている

イタリアで「メルセデス・ベンツ」が売れている。
とくに昨2007年に投入された新型「Cクラス」は好調で、今年2008年2月の登録台数をみると、セダン、ワゴンを合わせて2096台も売れている。同月に「アルファ159」の実績が1501台であったといえば、好調ぶりがおわかり頂けるだろう。

もっと驚くべき数字がある。メルセデス・ベンツ・イタリアによれば、昨2007年イタリアでは11万5886台の「メルセデス」と「スマート」が販売された。これは過去最高の数字で、両ブランド合わせた輸出国としては世界第2位という。

“本場”のコンセプトそのままに

そうしたメルセデス大国イタリアに相応しい巨大ショールームがミラノに誕生した。2008年1月に完成した「メルセデス・ベンツ・センター(以下MBC)ミラノ」である。

イタリア最大のメルセデス・ディーラーであるメルセデス・ベンツ・ミラノによって、2005年から2年半がかりで建設が進められていたものだ。敷地面積は6万6千平方メートルで、なんと南ヨーロッパ地域では最大のメルセデス販売・サービス拠点という。

先日機会ができたので、この巨大ショールームを訪れてみることにした。地理的にはミラノ北西の郊外で、以前あった旧社屋からは地下鉄駅でいえば5つ先の駅である。角地なのだが、接する道のひとつはMBC開設に合わせて造成された通りなのだろう、「ゴットリープ・ダイムラー通り」という名前がついていて、それがMBCの登記上の所在地になっている。

門はふたつあって、500台収容の駐車場はダイムラー通りから入る。
たとえショールームへの客であってもセキュリティ管理は厳重だ。門を通り過ぎると、まずはひとつめの昇降式ポールが下がる。そこで来訪の意をガードマンに告げると、自車ナンバーが印字されたチケットを発行してくれる。次にふたつめの昇降式ポールが下がって、ようやく入れる仕組みだ。退場する客も同じように二重ゲートを通らないと出られない。

実はメルセデス・ベンツ・ミラノの古い営業所にも昇降式ポールが備えられいて、屈強そうなガードマンがいたものだ。ただしそれは一重だった。
厳重な理由はまもなくわかった。東京都心では日に一度目撃できてもイタリアでは年に一度見るか見ないかの「マイバッハ」が、ここでは何台も行ききしているのである。ミラノが属するロンバルディア州がイタリアで一番所得水準の高い州であることを象徴する風景だ。と同時に、この州は自動車盗難台数もイタリア中で極めて多い。新車の盗難予防と同時に、大切な顧客のクルマを預かっている以上、出入りを厳重に管理するのは当然といえよう。

まあボクなどは、「御利益がありそうなところほど到達し難いのも、神殿の定義に沿っているな」などと受け取っていたのだが。

ダイムラー通りの角にある「メルセデス・ベンツ・センター・ミラノ」。
第40回:メルセデス圧勝の国イタリアに「巨大神殿」誕生
館内の吹き抜け。現在はCクラスを強化プロモーション中。
第40回:メルセデス圧勝の国イタリアに「巨大神殿」誕生
記録映像が流れるミュージアム・コーナー1階のエントランス。
第40回:メルセデス圧勝の国イタリアに「巨大神殿」誕生

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。