マツダの新型ミニバンを劇団ひとりが発表! その名は「ビアンテ」

2008.05.09 自動車ニュース

マツダの新型ミニバンの車名を劇団ひとりが発表! 車名は「ビアンテ」

マツダの新型ミニバンの車名を劇団ひとりが発表! その名は「ビアンテ」

マツダは、2008年5月9日、今夏発売予定の8人乗りの新型ミニバン「ビアンテ」の車名を発表した。発表会場では、CMなどのイメージキャラクターを勤めるタレントの劇団ひとりさんが車名発表と車両のアンベールを行なった。


マツダの新型ミニバンを劇団ひとりが発表! その名は「ビアンテ」の画像

マツダの新型ミニバンを劇団ひとりが発表! その名は「ビアンテ」の画像
理想の家族についての質問には、「週末にはビアンテで遊びに行って、帰ってきたらみんなでビアンテを洗車して、ビアンテが家族の一員になれるようなのが理想ですね」と、またまた“ビアンテ”を印象づけた。
理想の家族についての質問には、「週末にはビアンテで遊びに行って、帰ってきたらみんなでビアンテを洗車して、ビアンテが家族の一員になれるようなのが理想ですね」と、またまた“ビアンテ”を印象づけた。

「ボンゴフレンディ」の後継にあたるニューミニバン「ビアンテ(BIANTE)」の名前は、「周囲を取り巻く」「環境」といった意味の“Ambient(アンビエント)”から発想された造語。
開発コンセプトは、「見て、乗って、夢が拡がるZoom-Zoom Tall(ズームズームトール)」とし、個性的なスタイリングに、広い室内空間、乗員に安心感を与えるマツダならではのハンドリングを提供するという。

会場で車名発表と車両のアンベールを行なった劇団ひとりさんは、はじめに、2日かけて考えたという「ビアンテ」のあいうえお作文を発表。イメージキャラクターとして「ビアンテ」という車名をアピールした。

その作文がこちら
ビ:ビッグな空間
ア:アクティブな家族と
ン:ん〜と遠くまで
テ:手当たりしだい旅に出よう!

<拍手>

トークセッションで、車両の第一印象を聞かれると「このフロントライトからボディにかけてが、“シュッ”としてイイですね。筆で書いたように流れる感じが好きです」とコメント。
司会者に、「ビアンテは家族が楽しめるミニバンなのに、劇団ひとりさんはひとりですよね〜」と突っ込まれ、共演する“最広(サイコー)ファミリー”を紹介。パネルで登場した最広(サイコー)ファミリーは、「夢」「虹」をテーマに生まれた7人と1匹の家族。劇団ひとりさんと共に「家族のワクワク感」「家族の夢」をテーマに、オフィシャルサイトやCMでビアンテを紹介するという。


マツダの新型ミニバンを劇団ひとりが発表! その名は「ビアンテ」の画像

マツダの新型ミニバンを劇団ひとりが発表! その名は「ビアンテ」の画像
「最広(サイコー)ファミリー」左から、パピー、マミー、キー、ブー、ミー、ズー、バブー、ドギー。
「最広(サイコー)ファミリー」左から、パピー、マミー、キー、ブー、ミー、ズー、バブー、ドギー。

マツダによると、同社は、2007年7月に発売した「デミオ」が好調な売れ行きをみせ、国内市場で安定しているコンパクトカーセグメントでは優位にたっているが、もうひとつの人気セグメントであるミニバンでは対応車種がなかった、という。今回、8人乗り新型ミニバン「ビアンテ」の投入でさらに勢いをつけたいところ。
詳細は不明だが、「プレマシー」「MPV」の間に位置し、室内空間が広くてお手頃価格なモデルとして、「日産セレナ」「トヨタ・ノア/ヴォクシー」などがライバルとなるだろう。

ビアンテオフィシャルサイト
http://www.biante.mazda.co.jp/pre/

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビアンテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • マツダ・プレマシー20E(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2010.9.7 試乗記 ……227万7000円
    総合評価……★★★★

    フルモデルチェンジで見た目が大きく変わった、マツダのミニバン「プレマシー」。売れ筋のFF、アイドリングストップ付きモデルで、中身の仕上がり具合を試した。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • マツダ・プレマシー23S(4AT)/ 20S(4AT)/ 20C(4AT) 【試乗速報】 2005.2.23 試乗記 マツダ・プレマシー23S(4AT)/20S(4AT)/20C(4AT)
    ……299万2500円/279万3000円 /239万4000円

    マツダの新型「プレマシー」は、引き算の発想でミニバンのユーティリティを向上させようという野心作である。「7」から「6」へと座席を一つ減らすことで、自由な空間を得た。『NAVI』鈴木真人が速報する。


ホームへ戻る