「レガシィツーリングワゴン/B4」に特別仕様車

2008.05.09 自動車ニュース

「レガシィツーリングワゴン/B4」に特別仕様車

富士重工業は、スバル発売50周年を記念し、「スバル・レガシィ」シリーズに特別仕様車「2.0i Advantage Line」(2.0i アドバンテージライン)を設定。2008年5月8日に発売した。

「2.0i アドバンテージライン」は、「レガシィ」シリーズのベーシックグレード「2.0i」に、上級モデルで採用される装備を加え、特別感を演出したモデル。

内装色はアイボリーとオフブラックの2色。それぞれに合わせた木目調のインストゥルメントパネル、シフトノブ、ドアトリムなどが用意された。
装備については、ポップアップ式ウォッシャー内蔵型のバイキセノンヘッドランプやエレクトロルミネセントメーター、シートポジションメモリー付き運転席8ウェイパワーシートなどを標準とした。

ツーリングワゴンが239万9250円、B4が224万7000円。ともに4ATのみのラインナップとなっている。

(webCG 関)

 
「レガシィツーリングワゴン/B4」に特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • トヨタ、TNGA第2弾となる小型SUV「C-HR」を発売 2016.12.14 自動車ニュース トヨタが新型コンパクトSUV「C-HR」を発売。パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類。価格は251万6400円から290万5200円となっている。
ホームへ戻る