【スペック】S:全長×全幅×全高=3995×1695×1445mm/ホイールベース=2550mm/車重=1110kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(74s/4800rpm、11.3kgm/3600-4400rpm)+交流同期電動機(61ps、17.2kgm)/価格=179万円(テスト車=239万8580円)

トヨタ・アクアS(FF/CVT)/アクアL(FF/CVT)【試乗記】

できた末っ子 2012.01.20 試乗記 トヨタ・アクアS(FF/CVT)/アクアL(FF/CVT)
……239万8580円/205万3720円

リッター40km走れるという、コンパクトな新型ハイブリッドカー「トヨタ・アクア」。その乗り心地は? 走りっぷりは? ふたつのグレードで試した。
個性的な意匠のインテリア。空間の奥行きや広がりを強調すべく、インストゥルメントパネルとドアトリムの境界は、あえて“あいまい”にされている。
トヨタ・アクアS(FF/CVT)/L(FF/CVT)【短評】

「2012年に間に合いました」

「トヨタ・アクア」は、ちょっとぜいたくな5ドアハッチバックである。最廉価のグレード「L」が169万円、中間の「S」が179万円、豪華版「G」が185万円から。「ヴィッツ」の上級車種にあたり、(欧州向け)「カローラ」をベースとした(車格がひとつ上の)「オーリス」と、大きく重なる値付けである。
セダン、SUV、ミニバンと、モデルピラミッドの上方へ伸びていたハイブリッド化の枝が、今回、初めて下へ降りてきた。“21世紀に間にあった”初代「プリウス」が登場して10年余り、トヨタのモデルラインナップのなかで、ハイブリッド車のヒエラルヒーがひとまず完成したわけだ。

オプションの「TFTマルチインフォメーションディスプレイ」には、「実際にガソリン代をどれだけ節約できたのか」を示す「エコウォレット」(写真)やエネルギーモニター、瞬間燃費など、さまざまな情報が示される。(写真をクリックすると、画面の切り替わる様子が見られます)
トヨタ・アクアS(FF/CVT)/L(FF/CVT)【短評】

「アクア」の成り立ちを一言で説明すると、ヴィッツのフロアパネルを延長し、先代プリウスのハイブリッドシステムを軽量・コンパクト化して押し込んだクルマといえる。大きく、重い車種をハイブリッド化して燃費向上を図るのは理解できるのだが、もともと燃費がいい小型車に、わざわざ複雑で重たいハイブリッドシステムを載せる必要があったのだろうか?

「プリウスの下(のクルマ)がない。そこにハイブリッド(モデル)のニーズがあったんです」とは、プレス試乗会で説明してくださったエンジニア氏。世間の環境への意識が予想以上に高まり、コンパクトなハイブリッド車を求める声が強くなったという。
売れる見込みがあるクルマを造るのは、自動車メーカーとして理の当然。とはいえ、世間の「どうせ買うならハイブリッド」の風潮に、安易に寄りかからなかったのが、トヨタのエラいところ。2007年ごろから開発を始めたアクアは、2011年12月26日、満を持して市場に投入された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アクアG“G’s”(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.20 試乗記 ベストセラーのハイブリッドコンパクトカーをベースに、トヨタ自らスポーティーな味付けを施した「アクア“G’s”」。その走りの実力を試した。
  • トヨタ・アクアX-URBAN(FF/CVT)【試乗記】 2015.1.26 試乗記 コンパクトSUVブームに乗り遅れまいと、トヨタが送り出した「アクアX-URBAN(エックス・アーバン)」。たくましいスタイリングを気軽に楽しめるクロスオーバーモデルの魅力と課題とは?
  • トヨタ・アクアS(FF/CVT)【動画試乗記】 2012.5.4 試乗記 トヨタ・アクアS(FF/CVT)
    ……239万8580円

    2011年12月のデビュー以来、トップクラスの販売台数を維持している「アクア」。その成り立ちと走りを、動画で紹介する。
  • トヨタ・アクアG(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.10 試乗記 トヨタ・アクアG(FF/CVT)
    ……221万150円

    2011年12月26日に発売されたコンパクトハイブリッドカー「アクア」。2012年上半期の販売台数は12万8000台を超え、2位にランクインした。アクアの魅力はどこにあるのか? 最上級グレードにあらためて試乗した。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
ホームへ戻る