スバル、「レガシィアウトバック」に2.5リッターターボモデルを追加

2008.05.09 自動車ニュース

スバル、「レガシィアウトバック」に2.5リッターターボモデルを追加

富士重工業は、スバル発売50周年を記念し、「レガシィアウトバック」に「2.5XT」を追加設定。2000台限定で2008年5月8日に発売した。

「レガシィアウトバック 2.5XT」は、新たに2.5リッターターボエンジンを搭載したモデル。

従来型の2.5リッターNAモデルに比べ、約5割増しの265ps、35.7kgmを発生する。さらに、専用サスペンションを装備して車高を抑え、「アウトバックの持ち味である大らかな走りに、ゆとりの走行性と優れた操縦性を融合させた、スポーティモデルとした」(リリース)。
あわせて、新型ステレオカメラと新開発3D画像処理を用いたプリクラッシュセーフティ機能を備える「2.5XT EyeSight」もラインナップする。

価格は、「2.5XT」が347万250円で、「2.5XT EyeSight」が368万250円。あわせて2000台の限定販売となる。

(webCG 関)

 
スバル、「レガシィアウトバック」に2.5リッターターボモデルを追加の画像

関連キーワード:
レガシィアウトバックスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 第73回:伊達軍曹、スバリストになる!? 2018.1.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第73回は「伊達軍曹、スバリストになる!?」。筆者が率いるカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」、そこに属する個性派メンバー達のこだわりとは? 共にスバリストを自認する守旧派VS改革派(!?)が激突する!
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
ホームへ戻る