第358回:衝撃のスバル軽自動車撤退へ一言
 牛丼もビックリ? つくづく面白いクルマが作れない時代

2008.05.08 エッセイ

第358回:衝撃のスバル軽自動車撤退へ一言 牛丼もビックリ? つくづく面白いクルマが作れない時代

もしやタントがきっかけ!? 

つくづく残念なスバルの軽自動車撤退! 俺自身、つい最近まで「R2」を愛用していたし、名車「スバル360」を何回も取材したことがあっただけに、日本の重要なクルマ文化が捨て去られるようで悲しいっちゃ悲しい。なんとかならないもんだろうか。うぅ……。

と思ってたある日、スバルのエンジニアと話してて、ふと納得した一言があった。「正直、今のダイハツさんは脅威ですよ。ある意味、タントを見て個人的には踏ん切りがついたかもしれませんねぇ」。

うーむ、なるほど。たしかにそうかもしれない。年々厳しくなる軽自動車バトル。車両価格はそれほど上げられない中、ますます良いスタイル、走り、使い勝手、さらに省燃費性まで求められ、しかもそんじょそこらの性能アップじゃ見向きもされない。つくづく面白いクルマが作りづらい時代になったのだ。

その象徴とも言うべきクルマが「ダイハツ・タント」だ。コイツはある意味、究極かつ万能な、超モダン軽自動車である。ボディサイズはしっかり軽自動車枠に収まってるにも関らず、室内長は2.16mもあり、この点だけでもあの「レクサスLS」を凌駕! オマケにエンジンはムーブ同様新開発だわ、ギアボックスに高効率なCVTは選べるわ、ピラーレスのミラクルオープンドアは付いてるわ、フローリングの床も選べるわって、まさに自動車版“ワザのデパート”。これでお値段、108万円ちょいから始まるんだから、他はやってられなくなっちゃうよなぁ。

俺が激安「R2」を買った時のカット。4人乗りの軽としては破格にカッコいいと思ったんだが……。
第358回:衝撃のスバル軽自動車撤退へ一言 今のクルマ業界は牛丼業界と同じ!?
インパネもスポーティでカッコよかったし。
第358回:衝撃のスバル軽自動車撤退へ一言 今のクルマ業界は牛丼業界と同じ!?
リアだってほら、なかなかの脚線美じゃない!
第358回:衝撃のスバル軽自動車撤退へ一言 牛丼もビックリ? つくづく面白いクルマが作れない時代

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』