第39回:「ミラノデザインウィーク2008」(後編)
思わず「やられたーッ!」シトロエン型フランスパン登場

2008.05.07 エッセイ

第39回:「ミラノデザインウィーク2008」(後編)思わず「やられたーッ!」シトロエン型フランスパン登場

フィリップ・スタルク先生を運ぶ専用「MINI」。
第39回:「ミラノデザインウィーク2008」(後編)思わず「やられた−ッ!」シトロエン型フランスパン登場

「スマート」&「プリウス」がウヨウヨ

(前編からのつづき)
ミラノでは2008年1月から市中心部への自動車乗り入れが有料化された。いわゆるロードプライシング制である。ドライバーは自分のクルマの欧州排ガス基準レベル(ユーロ)に応じて1日2〜10ユーロのカードを購入する仕組みだ。カードの名前は「エコパス」という。
ただしユーロ3以降のガソリン車とユーロ4以降のディーゼル車、ハイブリッド車等には適用されない。つまり低公害の新型車は対象とならない。

街では以前にも増して「スマート」や「トヨタ・プリウス」が目立つようになった。ついでにいうとハイブリッド車に関しては国や州の購入補助があることから、プリウスはミラノのタクシーの間でもあっという間に広まった。

一方、1960年代からカドルナ駅前で革雑貨店を営むミラネーゼによれば、「ロードプライシング制が始まって、一般車が少なくなり、お客さんも減ってしまった」と言う。市電をはじめ公共交通機関がイタリアの中では発達しているミラノだが、今までクルマ移動に慣れっこになった人たちはなかなかステアリングを離せないようだ。彼らは続々完成する郊外の大型店舗にシフトしてしまったのだろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。