スーパーアグリ、F1撤退へ【F1 08】

2008.05.06 自動車ニュース

スーパーアグリ、F1撤退へ【F1 08】

【F1 08】スーパーアグリ、F1撤退へ

2008年5月6日、日本のF1チーム「スーパーアグリF1チーム」の鈴木亜久里代表は都内で記者会見を開き、同チームがF1世界選手権から撤退すると発表した。

2008年第3戦バーレーンを走る、スーパーアグリのマシン。今季の最高位は、最後となった第4戦の13位(佐藤琢磨)だった。
スーパーアグリ、F1撤退へ【F1 08】

資金難でF1参戦継続が危ぶまれていた「スーパーアグリ」が、第4戦スペインGPを最後にサーキットから姿を消すこととなった。

鈴木代表によれば、2007年シーズンにスポンサーだった「SS United Group Company Limited」の契約不履行をきっかけに、チーム財政が不安定化。その後、イギリスのコンサルタント会社やドイツの自動車関係企業など新たなパートナー探しを続けたが、いずれも難航。第5戦トルコGP(5月11日決勝)を目前に、今後のレース継続を断念したとのことである。

氏は、5月6日付けでチームのオフィシャルサイトにも声明を発表。今回の決定を「苦渋の決断」としながらも、チームに関わった企業やスタッフ、ファンに対して感謝のコメントを寄せた。

スーパーアグリは、ドライバーに佐藤琢磨と井出有治を起用し2006年シーズンからF1に参戦。続く2007年シーズンは佐藤琢磨とアンソニー・デイヴィッドソンで戦い、佐藤が6位(第6戦カナダGP)に入賞するなどの好成績を見せた。今シーズンも活躍が期待されていた。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。