トップ > エッセイ >リーフタクシーの営業日誌 >第2回:電気自動車タクシーとの出会い (2012.1.30)
リーフタクシーの営業日誌

第2回:電気自動車タクシーとの出会い:リーフタクシーの営業日誌

矢貫 隆

第2回:電気自動車タクシーとの出会い

高円寺の男

神楽坂でその男たちを乗せたのは深夜の1時を過ぎた頃だった。
「高円寺まで」
30歳代と思(おぼ)しき男はそう言い、高円寺のどのあたりですかと尋ねた運転手(=矢貫隆)に、「近くまで行ったら指示するから」とぞんざいに続けた。

この男、とにかく偉そうだった。会社は俺がひとりで背負ってる、仕事できるのは俺だけだ、みたいな調子で話し続け、同乗の若い男は「ごもっとも」と相づちを繰り返す。職場の後輩らしい。

男の携帯電話の呼出音が鳴ったのは、高円寺の直前、早稲田通りと環七の交差点に近づいたときである。「指示する」はずの男が電話にでた。交差点は近い。左折すれば高円寺駅の方向、直進すると高円寺の商店街が左に見えてくる。

交差点をどちらに行きますか?
「右折して下さい」
答えたのは後輩だった。
(右折?)
右折でいいんですか?
「はい。右折して下さい」

交差点を曲がり環七を走りだし、電話を切った男に尋ねた。
まだ真っ直ぐですか?
「どこだ、ここは!?」
男が言いだした。
「高円寺って言ったろう。何で右に曲がるんだよ。高円寺って言ったら、高円寺の駅のことに決まってんだよ」

男は怒鳴りつけるようにそう言い、年老いたタクシー運転手(=矢貫隆)の肩をとんとんと叩きながら偉そうに言うのだった。
「キミね、人の話はちゃんと聞いてなきゃだめじゃないか」

その瞬間、運転手はブチ切れた。
急ブレーキを踏んでクルマを止め、「ふざけんじゃねぇぞ」と言うが早いか振り返り、生意気男の胸元をつかんで「金はいらねぇから降りろッ」と怒鳴った。

12
矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、 ノンフィクションライターに。自動車専門誌『NAVI』(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同『CAR GRAPHIC』(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 『自殺-生き残りの証言』(文春文庫)、『通信簿はオール1』(洋泉社)、 『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。

  • mixi
  • linkedin
  • rss
mobileCGご紹介

週間アクセスランキング (総合)

注目の情報[PR]