【スペック】全長×全幅×全高=4525×1815×1420mm/ホイールベース=2760mm/車重=1590kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブ・ターボチャージャー(370ps/5500rpm、51.0mkg/3800-5000rpm)/価格=995万円
(写真=北畠主税<ARGOS>)

アルピナB3ビターボ・リムジン(FR/6AT)【短評(後編)】

M3より男らしい(後編) 2008.05.04 試乗記 アルピナB3ビターボ・リムジン(FR/6AT)
……995万円

ウェット路面に祟られた計測結果、気になる燃費。はたして、アルピナB3に相応しいドライバーとは?

『CG』2008年2月号から転載。

アルピナB3ビターボ・リムジン(FR/6AT)【短評(後編)】

性能に対して燃費は良好

残念だったのは今回のJARIがウェット路面に祟られてしまったことだ。いくら優れた前後重量配分を持つとはいえ、純粋なRWDで370psともなるとこのコンディションは致命的で、表に記したとおり発進加速のデータは0-400m:14.1秒、0-1km:25.4秒、0-100km/h:6.1秒と、どれも1年前、理想的なコンディションで計測することのできた335iのデータを凌ぐことができなかった。B3ビターボの方が335iより30kg軽い1590kgというデータを見ても、実力がこんなものでないことは想像に難くないが、お天道様に恨みを言っても仕方がない。20km/hごとの追い越し加速をつぶさにみると335iより0.2〜0.3秒ほど速い区間もあったから、絶対的な動力性能の評価については次の機会まで保留としておきたい。

一方で燃費も335iと大差ない、つまり性能の割りに優れているといえる。今回走行した600kmの平均燃費は9.2km/リッターで、その中からJARIでの走行分を除くと9.4km/リッターまで改善される。法定速度を正直に守ってクルージングした時には15.8km/リッターという優れた値を残す一方で、山道を走り回ると5.8km/リッターという具合に、負荷によって燃費が大きく変わる点ではターボカーらしさを残しているが、高速道路をハイペースで飛ばしても11.1km/リッターをマークするなど、性能に対して全般に燃費は良好だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

B3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルピナB3ビターボ リムジン(FR/8AT)【試乗記】 2013.10.21 試乗記 アルピナの新型「B3ビターボ」が、日本上陸を果たした。“至高の作品”とうたわれる、ハイパフォーマンスセダンの実力とは……?
  • アルピナD3ビターボ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.10 試乗記 圧倒的な速さと、傑出した快適さ。そしてそれらの調和の妙こそが、アルピナのアルピナたるゆえんだ。71.4kgm(700Nm)の最大トルクを誇るスーパーディーゼル「D3ビターボ」の走りやいかに? 高速道路とワインディングロードでその実力を試した。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る