【スペック】全長×全幅×全高=4525×1815×1420mm/ホイールベース=2760mm/車重=1590kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブ・ターボチャージャー(370ps/5500rpm、51.0mkg/3800-5000rpm)/価格=995万円
(写真=北畠主税<ARGOS>)

アルピナB3ビターボ・リムジン(FR/6AT)【短評(後編)】

M3より男らしい(後編) 2008.05.04 試乗記 アルピナB3ビターボ・リムジン(FR/6AT)
……995万円

ウェット路面に祟られた計測結果、気になる燃費。はたして、アルピナB3に相応しいドライバーとは?

『CG』2008年2月号から転載。

アルピナB3ビターボ・リムジン(FR/6AT)【短評(後編)】

性能に対して燃費は良好

残念だったのは今回のJARIがウェット路面に祟られてしまったことだ。いくら優れた前後重量配分を持つとはいえ、純粋なRWDで370psともなるとこのコンディションは致命的で、表に記したとおり発進加速のデータは0-400m:14.1秒、0-1km:25.4秒、0-100km/h:6.1秒と、どれも1年前、理想的なコンディションで計測することのできた335iのデータを凌ぐことができなかった。B3ビターボの方が335iより30kg軽い1590kgというデータを見ても、実力がこんなものでないことは想像に難くないが、お天道様に恨みを言っても仕方がない。20km/hごとの追い越し加速をつぶさにみると335iより0.2〜0.3秒ほど速い区間もあったから、絶対的な動力性能の評価については次の機会まで保留としておきたい。

一方で燃費も335iと大差ない、つまり性能の割りに優れているといえる。今回走行した600kmの平均燃費は9.2km/リッターで、その中からJARIでの走行分を除くと9.4km/リッターまで改善される。法定速度を正直に守ってクルージングした時には15.8km/リッターという優れた値を残す一方で、山道を走り回ると5.8km/リッターという具合に、負荷によって燃費が大きく変わる点ではターボカーらしさを残しているが、高速道路をハイペースで飛ばしても11.1km/リッターをマークするなど、性能に対して全般に燃費は良好だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

B3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る