【スペック】全長×全幅×全高=4525×1815×1420mm/ホイールベース=2760mm/車重=1590kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブ・ターボチャージャー(370ps/5500rpm、51.0mkg/3800-5000rpm)/価格=995万円
(写真=北畠主税<ARGOS>)

アルピナB3ビターボ・リムジン(FR/6AT)【短評(前編)】

M3より男らしい(前編) 2008.05.03 試乗記 アルピナB3ビターボ・リムジン(FR/6AT)
……995万円

BMW3シリーズ(E90)をベースにした最新のアルピナ「B3ビターボ・リムジン」。高評価をうける335iを素材にアルピナはいかに調理したか?『CG』塚原久が試した。

『CG』2008年2月号から転載。

パワーとトルクを大幅アップ

E90型3シリーズがデビューしてから2年以上が経ち、トップモデルのM3がやっと発売されるなど、モデルとして完成した感がある。あとはそのM3に搭載されるという噂の改良型SMGを待つばかりだが、シリーズの中で最もパワフルな335iをベースとした、アルピナの新しいB3が日本に上陸した。B3ビターボ・リムジンという名が示すとおり、4ドアセダンボディを持つ最新のアルピナの登場である。

現行BMW3シリーズのフラッグシップとして335iが導入された時、ターボの悪弊を完璧なまでに取り除いたエンジンのマナーに驚きつつも、このリニアなトルクカーブと優れたレスポンスはそのままにもう少しブースト圧を上げ、トップエンドの伸びを加えたらどんなに素晴らしいスポーツセダンになるだろうと思わずにいられなかったが、アルピナがそれを現実のものにしてくれた。

直列6気筒3リッターエンジン+ツインターボというエンジンの基本的な構成はそのまま引き継いでおり、2979ccの排気量(ボア・ストローク:84.0×89.6mm)、ダブルVANOS付きの直噴シリンダーヘッド、3気筒にひとつの三菱重工製の小径タービンによって過給するというところまで同じながら、マーレーが開発したアルピナ専用のピストンを採用することによって圧縮比を10.2から9.4まで落とし、それと引き替えにブースト圧を335iの最大0.6barから1.1barへと大幅に上げ、結果的に370ps(272kW)/5500rpm、51.0mkg(500Nm)/3800〜5000rpmへと、パワー、トルクともに大幅なアップを果たしたのだ。

参考のために335iのスペックを挙げておくと306ps(225kW)/5500rpm、40.8mkg(400Nm)/1300〜5000rpmだから、パワーで64ps(21%)、トルクにして実に100Nm(25%)ものスープアップを果たしている計算になる。

370ps(272kW)/5500rpm、51.0mkg(500Nm)/3800〜5000rpmというパワーとトルクを手に入れたツインターボ直列6気筒ユニット。大幅なブーストアップ実現のためにマーレー製の専用ピストンを採用している。(写真=北畠主税<ARGOS>)
370ps(272kW)/5500rpm、51.0mkg(500Nm)/3800〜5000rpmというパワーとトルクを手に入れたツインターボ直列6気筒ユニット。大幅なブーストアップ実現のためにマーレー製の専用ピストンを採用している。(写真=北畠主税<ARGOS>)

アルピナB3ビターボ・リムジン(FR/6AT)【短評(前編)】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

B3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第356回:技術は変われど「らしさ」は不変
    新型「アルピナB7ビターボ」のここに注目
    2016.7.21 エッセイ アルピナの新しいフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」。608psを誇るスーパーサルーンの見どころを、独アルピナ社でマーケティングを担当するジョナサン・ガンザー氏に聞いた。
  • BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2015.11.11 試乗記 「BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット」に試乗。アルピナはこの600psと800Nmを誇るフラッグシップ4ドアクーペにいったいどんなメッセージを込めたのだろうか。高速道路で、そしてワインディングロードで読み解いた。
  • アルピナD3ビターボ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.10 試乗記 圧倒的な速さと、傑出した快適さ。そしてそれらの調和の妙こそが、アルピナのアルピナたるゆえんだ。71.4kgm(700Nm)の最大トルクを誇るスーパーディーゼル「D3ビターボ」の走りやいかに? 高速道路とワインディングロードでその実力を試した。
  • アルピナB3 Sビターボ リムジン(FR/6AT)【試乗記】 2011.5.16 試乗記 アルピナB3 Sビターボ リムジン(FR/6AT)
    ……1060万8000円

    「BMW3シリーズ」ベースのプレミアムスポーツ「アルピナB3 Sビターボ」。3月に仕様変更を受けたばかりの最新モデルを試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る