「ボルボV70」装備充実、60万円以上おトクに!?

2008.05.02 自動車ニュース

「ボルボV70」装備充実、60万円以上おトクに!?

ボルボ・カーズ・ジャパンは、主力ワゴン「V70」の装備を見直し。2008年5月2日から新価格で販売する。

今回、「メタリック・パールペイント」代(10万8000円)と、3年間で2回の定期点検と3回の定期部品交換を受けられる「ボルボ・サービスパスポート」の費用(10万5000円)が予め車両価格に含まれるようになった。27万円相当のボルボ専用ナビゲーションシステムも10万円で提供される。

さらに、「2.5T LE」と「3.2SE/3.2SE AWD」には、23万5000円のオプションだった「デラックス・パッケージ」(パーフォレーテッドレザーシート、ハイパフォーマンスオーディオシステム、リアシートオーディオコンソール、ヘッドホンソケット)が標準で装備される。

最大61万8000円分おトク(!)になったV70の新価格は、以下の通り。
(カッコ内は2008年1月12日発売時からの価格差)

・V70 2.5T LE  :498.0万円(+10.0万円)
・V70 3.2SE   :575.0万円(据え置き)
・V70 3.2SE AWD :600.0万円(据え置き)
・V70 T-6 TE AWD:770.0万円(+20.0万円)

(webCG 関)

「ボルボV70」装備充実、60万円以上おトクに!?の画像

関連キーワード:
V70ボルボV70自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.5 試乗記 ガソリンエンジン車の発売から半年、ようやく上陸した「ボルボXC60」のクリーンディーゼル搭載車に試乗。その見どころは、燃費と力強さだけにあらず。ガソリン車よりもさらに心地いいクルマに仕上がっていた。
  • ボルボV60 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.6.25 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」が2代目に進化。日本では縮小が続くジャンルだが、新世代のボディー骨格とパワーユニットを得た北欧のファミリーエステートは、洗練されたスタイルと実用性をあわせ持つ魅力的なモデルに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る