【スペック】全長×全幅×全高=4710×1795×1390mm/ホイールベース=2765mm/車重=1800kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(487ps/6800rpm、61.2kgm/5000rpm)/価格=1085万円(テスト車=1252万円/パフォーマンスパッケージ=125万円/AMGカーボンインテリアトリム=32万円/harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステム=10万円)

メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ(FR/7AT)【動画試乗記】

AMGの力の結集 2012.02.05 試乗記 メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ(FR/7AT)
……1252万円


487psの6.2リッターV8を搭載するメルセデスの「C63 AMGクーペ」。そのパワーを、そのシャシー性能を、箱根のワインディングロードで試した。

今では貴重な強心臓

AMGが腕によりをかけて作り上げた6.2リッターV8「M156」ユニットが登場したのは2006年。「E63 AMG」(W211)がそれを初めて搭載したモデルだった。その後、同エンジンは、多くのAMGモデルに採用されたが、環境面からの要請により、高効率化を追求した5.5リッターツインターボ(M157)ユニットへと次第に置き換えられていった。今では、その大排気量NAエンジンを搭載するのは、「Cクラス」系(セダン、ステーションワゴン、クーペ)のAMGモデルと「SLS AMG」のみとなっている(SLS AMGのエンジンは、ドライサンプ化などの専用チューンが施された「M159」)。

2011年8月に登場した「C63 AMGクーペ」は、その高回転型ユニットに、トルクコンバーターに代えて湿式多板クラッチを用いた「AMGスピードシフトMCT」が組み合わされ、また、サスペンションもAMG専用設計のものが採用されるなど、スポーティーな走りをさらに高めるチューニングが随所に施されている。その走りを、箱根のワインディングロードで試した。

■前編 概要&内外装チェック(後編は画面下にあります)

■後編 インプレッション

(Report=島下泰久)

 
メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ(FR/7AT)【動画試乗記】の画像
 
メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ(FR/7AT)【動画試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る