第68回:パラダイス山元さんの「ウニモグ」に乗っちゃいました! 憧れの働くベンツは楽しい!

2008.05.01 エッセイ

第68回:パラダイス山元さんの「ウニモグ」に乗っちゃいました! 憧れの働くベンツは楽しい!

パラダイス山元さん

田沼(以下「た」):『NAVI』の「エンスー新聞」の企画でウニモグの体験試乗をするんだけど、いっしょに行く?
ワタナベ(以下「ワ」):行く、行く! でもいったいどこで乗せてくれるんですか?
た:パラダイス山元さんって聞いたことない? 彼が持ってるんだよ。
ワ:「マン盆栽」の人ですよね、たしか。なぜか私の机に「光る!ザ・マン盆栽」があるんですよね。
た:それも何かの縁だね。でもそれだけじゃない。山元さんはすごく多才な方で、かつては富士重工に勤めるカーデザイナーだったんだ。で、そのサラリーマン時代からプロのミュージシャンとしても活躍していて、「東京パノラママンボボーイズ」や「東京ラテンムードデラックス」といったバンドを率いてたんだよ。
ワ:へえ。
た:それも余技なんてレベルじゃないからね。ラテン・パーカッショニストとしての腕は一流だよ。
ワ:そういえば腕にヒラヒラのついた衣装を着て、なんか叩いてる姿を昔、テレビで見たような……。
た:「ラテン専科」っていうレギュラー番組も持ってたからね。そのほかの肩書きは入浴剤ソムリエ、会員制餃子店「蔓餃苑」のオーナーシェフ、そして……。
ワ:えっ、餃子ですって! どこにお店があるんですか!? 
た:いや、いま言ったように完全会員制で、めったに開けないから。
ワ:なんだ、残念。

た:……とりあえず餃子はおいといて、もうひとつ山元さんの外せない肩書きは、日本で唯一のグリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロース。
ワ:あ〜、サンタ姿もテレビで見たことがありますね。
た:海外で開かれたサンタクロース会議の様子とか、俺も見たな。でもあれはけっしてお遊びじゃなくて、毎年クリスマスの時期には、恵まれない子供たちの施設や小児病院なんかを訪ねたりしてるんだ。公認サンタクロースとして、ちゃんと役目を果たしてるんだよ。

ワ:そうなんだ。山元さんのことはなんとなくわかったけど、なんでウニモグを持ってるの?
た:そりゃ好きだからでしょう。
ワ:いたってシンプルだわ。でも、あんな特殊なクルマを何に使ってんだろう?
た:本人に聞いたところでは、ごく普通の足として乗ってるそうだよ。それも都内で。
ワ:……。
た:もちろんそれだけじゃなくて、サンタクロース活動にも使ってるそうだけどね。何年か前に新潟で中越沖地震があったときには、仮設住宅で暮す子供たちに渡すプレゼントをウニモグに積んでいったりとか。
ワ:じゃあウニモグがトナカイなんだ。いい話だ〜。

1980年代末から90年代にかけて日本中にマンボブームを巻き起こした、パラダイス山元、DJ.コモエスタ、ゴンザレス鈴木による「東京パノラママンボボーイズ」が、2006年のフジロックにて14年ぶりに電撃的に復活! 翌07年に本格的なライブ活動を再開したマンボ親父3人組は、08年に入って90年代に残した伝説のマンボ音源をリメイクしたアルバム『マンボ インペリアル』、『マンボ デコ』(写真下)を立て続けにリリース。さらに今夏には再び全国各地の夏フェスに登場、新録による第3弾も発売予定。
東京パノラママンボボーイズオフィシャルブログhttp://yaplog.jp/mamboboys/
1980年代末から90年代にかけて日本中にマンボブームを巻き起こした、パラダイス山元、DJ.コモエスタ、ゴンザレス鈴木による「東京パノラママンボボーイズ」が、2006年のフジロックにて14年ぶりに電撃的に復活! 翌07年に本格的なライブ活動を再開したマンボ親父3人組は、08年に入って90年代に残した伝説のマンボ音源をリメイクしたアルバム『マンボ インペリアル』、『マンボ デコ』(写真下)を立て続けにリリース。さらに今夏には再び全国各地の夏フェスに登場、新録による第3弾も発売予定。
東京パノラママンボボーイズオフィシャルブログhttp://yaplog.jp/mamboboys/
「ザ・マン盆栽 百景」
アマゾンでのお買い求めはこちらから
「ザ・マン盆栽 百景」アマゾンでのお買い求めはこちらから
「マンボ デコ」
アマゾンでのお買い求めはこちらから
「マンボ デコ」アマゾンでのお買い求めはこちらから
公認サンタクロースとして、中越沖地震の仮設住宅を訪れたときのショット! 子供たちは、サンタクロースよりウニモグに興味津々! ちょっとした試乗会になっていたとか。
公認サンタクロースとして、中越沖地震の仮設住宅を訪れたときのショット! 子供たちは、サンタクロースよりウニモグに興味津々! ちょっとした試乗会になっていたとか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ