【スペック】全長×全幅×全高=4721×1905×1280mm/ホイールベース=2740mm/車重=1695kg/駆動方式=FR/6リッターV12DOHC48バルブ(517ps/6500rpm、58.1kgm/5750rpm)(欧州仕様車)

アストン・マーティン DBS(FR/6MT)【海外試乗記(後編)】

ヒーローの条件(後編) 2008.04.30 試乗記 アストン・マーティン DBS(FR/6MT)

アルミとカーボンの工芸品と、それを始動させるための宝石のようなキー。ベースモデルのおよそ1.7倍というプライスタグに、『CG』高平高輝は納得せざるを得なかった。
『CG』2008年1月号から転載。

アルミとカーボンの工芸品

ヴァンキッシュSよりピークパワーがやや低いにもかかわらず、DBSが最速のアストン・マーティンを名乗るのはそのボディに理由がある。ベースとなったDB9もアストン・マーティン自慢の接着式アルミ・スペースフレームのVHプラットフォームを採用し、ボディパネルもアルミと樹脂材だから決して重い車とは言えないが、DBSは彼らが伝統的に得意としてきた軽量化をさらに追求している。

DBSのボディパネルは、アルミ製のルーフとドアを除いてDB9とは異なる専用部品であり、ボンネットとフロントフェンダー、トランクリッドはカーボンファイバー製に換えられている。それ以外にも、ドア内側上部のトリムやドアハンドル、ミラーステーなどにもカーボン・パーツを多用、しかもボンネットは特殊な樹脂を何層にも塗装して金属と変わらない品質を確保したほか、カーボンファイバーを剥き出しに使う部分も繊維の織り目を入念に揃えるといった配慮がなされている。さらに標準装備されたカーボンセラミック・ブレーキはそれだけで20kgの軽量化につながっているという。

その結果、DBSの車重はDB9よりおよそ70kg、ヴァンキッシュSに比べると180kg軽い1695kgに留まっている。そのおかげで0−100km/h加速のメーカー値は4.3秒、最高速は307km/hという。ヴァンキッシュSに最高速(321km/h)は一歩譲るが、加速データ(4.8秒)では明確な差をつけている。

ちなみにVHプラットフォームは“Vertical”と“Horizontal”それぞれの頭文字だが、改めてその意味を説明しておくと、VもHも車のメカニズムに由来する名称ではなく、縦展開および横展開して活用できるプラットフォームの意だという。つまり、アストン・マーティンの各モデル間にも、フォードPAGの他のブランドにもそのテクノロジーを活かすことを考えたネーミングである。もっとも、アストン・マーティンだけがその高度なシャシーを使用しているうちにフォード・グループを離れることになったのはいかにも皮肉である。

なおDBSのボディサイズは4721×1905×1280mm、ホイールベースは2740mmと、若干拡大されたトレッドと20インチ・タイアのために全幅が30mm増えたこと以外はDB9と事実上同一である。

ベースとなったDB9同様、押し出し材やキャスト・アルミを接着して構成したVHプラットフォームを採用する。ブレーキはカーボン・セラミック・ディスクを備えるブレンボ製、アダプティブ・ダンピングシステム(ADS)はビルシュタイン製だ。
ベースとなったDB9同様、押し出し材やキャスト・アルミを接着して構成したVHプラットフォームを採用する。ブレーキはカーボン・セラミック・ディスクを備えるブレンボ製、アダプティブ・ダンピングシステム(ADS)はビルシュタイン製だ。

アストン・マーティン DBS(FR/6MT)【海外試乗記(後編)】の画像
ボンネットやフロントフェンダーなどボディの外板にはカーボンファイバーを使用して軽量化を図っている。塗装品質のために特殊なエポキシ樹脂を塗って平滑に仕上げた部分と、織り目にまで配慮して美しい地肌をそのまま見せた部分との組み合わせが伊達だ。
ボンネットやフロントフェンダーなどボディの外板にはカーボンファイバーを使用して軽量化を図っている。塗装品質のために特殊なエポキシ樹脂を塗って平滑に仕上げた部分と、織り目にまで配慮して美しい地肌をそのまま見せた部分との組み合わせが伊達だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。