「ジープ・ラングラー」に本格派4ドアモデル追加

2008.04.28 自動車ニュース

「ジープ・ラングラー」に本格派4ドアモデル追加

クライスラー日本は、ジープ・ラングラーのラインアップに、さらなるオフロード性能を求めた4ドアモデル「アンリミテッド・ルビコン」を追加し、2008年4月29日に販売を開始する。

■高い走破性を備えたロングボディ仕様

「ジープ・ラングラー アンリミテッド・ルビコン」は、4ドア仕様の「アンリミテッド」に、さらなる走破性を誇る「ルビコン」仕様を組み合わせた、高性能オフロードモデルだ。

ルビコンならではの装備として、専用設計のロックトラック4×4システムをはじめ、スタビライザー解除により前輪のサスペンションストロークを28%増加させる電子制御式フロントスウェイバー・ディスコネクティングシステム、フロントとリアのロッキングデファレンシャル(前後デフロック)などを搭載。悪条件下でも高い走破性を発揮する。

またエクステリアに、岩場でボディのヒットから車体を保護するサイドシル・ロックレール、「RUBICON」ステッカー、17インチアルミホイール+255/75-17タイヤなどが装備されるのもルビコンならでは。

エンジンは、他のラングラー同様、最高出力199ps、最大トルク32.1kgmを発生する、3.8リッターV6を搭載し、それに4段ATが組み合わされる。

価格は、「アンリミテッド サハラ」の63万円高、483万円に設定された。

(webCG 曽宮)


「ジープ・ラングラー」に本格派4ドアモデル追加の画像

「ジープ・ラングラー」に本格派4ドアモデル追加の画像

「ジープ・ラングラー」に本格派4ドアモデル追加の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
ホームへ戻る