アテンザの北米仕様「Mazda6」デビュー

2008.04.28 自動車ニュース

アテンザの北米仕様「Mazda6」デビュー

アテンザの北米仕様「Mazda6」デビュー

マツダは、北米専用スペックの新型「Mazda6」を発表、2008年夏頃からアメリカでの販売を開始すると発表した。


アテンザの北米仕様「Mazda6」デビュー

■後ろ姿が違う

マツダ・アテンザが北米デビューを果たすことになった。現地では2008年夏頃から生産が始まり、2009年モデルとして販売される見込みだ。ちなみに北米仕様は日本からの輸出ではなく、ミシガン州のマツダ・フォードの合弁会社、オートアライアンス・インターナショナルで生産される。

基本デザインはアテンザのそれを踏襲するが、ボディサイズや室内寸法、それに一部デザインおよびエンジンが日本仕様とは異なる。ボディサイズについては詳細は公開されていないが、日本仕様より若干広く作られているようだ。

デザインについては、フロントまわりはグリルの意匠が異なる程度だが、リアビューはずいぶん印象が異なる。たとえばブレーキランプの照射位置が異なっていたり、ライセンスプレートの取り付け位置が、日本仕様(セダン)はバンパー下部であるのに対し、北米仕様はリアエンドパネルの中心に埋め込まれるなどの違いがある。

エンジンは、MZR2.5リッター直列4気筒エンジンは共通。ただし、北米仕様では同ユニットに加え、CX-9(北米用SUVモデル)譲りの3.7リッターV6も設定される。

(webCG 曽宮)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • マツダ・アテンザセダンXD(FF/6MT)【試乗記】 2013.3.26 試乗記 マツダ・アテンザセダンXD(FF/6MT)
    ……326万2250円

    すでに高い人気を博している新型「マツダ・アテンザ」。今回は多彩なラインナップの中でも、ツウをうならせるマニアックなディーゼル×6段MT仕様に試乗。最新鋭のディーゼルエンジンを「手こぎ」で堪能した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
ホームへ戻る