第38回:「ミラノデザインウィーク2008」(前編) さすらいのカーデザイナー志望青年発見!

2008.04.26 エッセイ

第38回:「ミラノデザインウィーク2008」(前編)さすらいのカーデザイナー志望青年発見!

有名デザインチェアに実際座れるのもイベントの楽しみ。
第38回:「ミラノデザインウィーク2008」(前編) さすらいのカーデサイナー志望青年発見!

ナンニーニに迎えられて

ミラノの街に入る頃、ラジオからちょうどジャンナ・ナンニーニの歌が流れ始めた。往年のF1パイロット、アレッサンドロ・ナンニーニの姉ちゃんである。若い頃シエナの街に息苦しさを感じた彼女は、歌手を目指して独り家を出てミラノへと向かった。やがて彼女は、イタリアを代表する女性ロックシンガーとして大成する。
ナンニーニと同様に大志を抱きミラノの空気を呼吸しているデザイナーは、どのくらいいるのだろうか……。

今年もミラノで2008年4月15〜21日に「デザインウィーク」が開催された。これは、国際的な家具見本市に合わせ、ミラノ市街全体を使って行なわれるデザインの祭典である。見本市とあわせて「ミラノサローネ」と総称されることも多いので、ご存知の方も多いだろう。

もともと家具インテリアメーカーが自らのショールームで新作やデザインフィロソフィーを展開するものだったが年々フィールドが拡大していった。
そのため現在では、ステーショナリーからファッションアイテム、さらには食品までとジャンルは限りなく広い。会場も、倉庫や工場を借りて展示を行なう企業や団体が軒を連ねる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。