第67回:モーターボートに乗っちゃった!
〜ホンダ新型船外機試乗会に参加

2008.04.25 エッセイ

第67回:モーターボートに乗っちゃった!〜ホンダ新型船外機試乗会に参加

つい勢いで

「ちょっとキビシイよな〜」

4月中旬のある日、NAVI編集部に顔を出すと、そんな声が耳に入ってきた。声の主である加藤編集長以下、浮かない表情の編集部員の輪に興味本位で首を突っ込んでみたところ、なにかの試乗会の日程が6月号の校了日と重なっているらしい。校了日というのは「校正が完了する日」で、すべての編集作業を終えなければいけない、編集部員にとってひと月のうちもっとも忙しい日である。その校了日の翌日から長期の海外出張を控える編集長をはじめ、編集部員がその試乗会に参加するのは難しいらしい。

いったい何の試乗会なのか、またまた興味本位で尋ねたところ、なんとホンダの新型船外機を搭載したモーターボートだという。へえ、おもしろそうじゃんと思った筆者は、珍しく自分の担当ページの入稿をほとんど終えていた気楽さも手伝い、「だったら俺が行こうか?」と、つい口にしてしまったのだった。

横須賀市佐島の「湘南サニーサイドマリーナ」で開かれた試乗会当日、試乗に先立って新型船外機「BF50/BF40」の技術プレゼンが行われた。ホンダでは現在、最大出力(最高出力ではない)2psの「BF2」から225psの「BF225」まで18機種の船外機をラインナップしているが、これら2機種は「BF25」から「BF90」の6機種からなる中型シリーズの、そのまた中核機。ちなみにいずれも品番である「BF」の後に並ぶ数字が最大出力を表わすが、これは船外機の世界ではメーカーを問わず共通とのこと。

今回モデルチェンジされた「BF50/BF40」は、水冷4ストローク直3SOHC808ccで、チューニングの違いにより前者は最大出力50ps/5750rpm、後者は40ps/5500rpmを発生する。従来からクラストップレベルの軽量・コンパクトさを誇ってきたが、新型はさらに14kgの軽量化(乾燥重量98kg)と容積にしてマイナス10%のコンパクト化(いずれも従来型比)を果たした。性能面では、電子制御燃料噴射システム「PGM-FI」と独自の空燃比連動点火時期制御「BLAST」、そしてリーンバーン制御の組み合わせによって、トルクが増大し加速性能が向上すると同時に、燃費の向上(クルージング領域で従来型比22%アップ)も実現したという。

試乗会場である「湘南サニーサイドマリーナ」。筆者にとって、普段はまったく縁のない場所である。
試乗会場である「湘南サニーサイドマリーナ」。筆者にとって、普段はまったく縁のない場所である。
今回の主役であるホンダ新型船外機「BF50」。直3エンジンは「立軸型」で、クランクシャフトは垂直方向に位置する。カバーに描かれた一見ウイングマークのようなマークは、「Four Stroke」の「F」の字をデザインしたもの。かつては小型船外機といえば2ストロークが主流だったが、「海を汚してはいけない」という創業者である故・本田宗一郎の信念から、ホンダは1964年の第1号機から一貫して4ストロークのみ(2ストロークはオイルも燃焼するため、汚染原因となりやすい)。
今回の主役であるホンダ新型船外機「BF50」。直3エンジンは「立軸型」で、クランクシャフトは垂直方向に位置する。カバーに描かれた一見ウイングマークのようなマークは、「Four Stroke」の「F」の字をデザインしたもの。かつては小型船外機といえば2ストロークが主流だったが、「海を汚してはいけない」という創業者である故・本田宗一郎の信念から、ホンダは1964年の第1号機から一貫して4ストロークのみ(2ストロークはオイルも燃焼するため、汚染原因となりやすい)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ