クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】3.0ラグジュアリー:全長×全幅×全高=4970×1875×1460mm/ホイールベース=2910mm/車重=1750kg/駆動方式=FR/3.0リッターV6DOHC24バルブ(243ps/6800rpm、30.6kgm/4100rpm)/価格=650万円(テスト車=667万1300円/パーキングエイドパッケージ=9万7500円/ジャガースマートキーシステム=7万3800円)

ジャガーXFシリーズ【試乗速報】

新時代の幕開け 2008.04.25 試乗記 ジャガーXFシリーズ

「XF」は、ジャガーが満を持して送り込む新世代ミドサイズサルーンだ。Sタイプの単なる後継車ではないことは、運転席に乗り込めばすぐにわかる。

伝統のしがらみを断ち切った

「ジャガーXF」は、これまでの「Sタイプ」の後継車というだけでなく、新しい次元への跳躍を試みるジャガーの意欲作でもある。ジャガーと言えば、初代「XJ」サルーンや「Eタイプ」のイメージがあまりにも強く、なかなかそこから抜け出すのが難しいようにも見える。伝統=クラシック風なもの、というしがらみを断ち切るには英断も必要だろう。今度のXFには、4ドアクーペ的なスタイリングの中に、その決意を見ることができる。

搭載されるエンジンは3種。243psの3リッターV6、304psの4.2リッターV8、そしてスーパーチャージャーでチュ−ンした426psの4.2リッターV8と、ほぼこれまでのユニットを踏襲する。サスペンションも前ダブルウィッシュボ−ン/後マルチリンクと形式は以前と同じであるが、チューンはXF専用、強いて言えばXKに近い。価格の一例をあげると、「3.0ラグジュアリー」が650万円。「4.2プレミアム・ラグジャリー」が870万円。「SV8」が995万円。XJとラップさせることにより、どちらかが兄で片方は弟という上下関係ではなく、毛色の違う従兄弟同志の関係を造りだそうとしているようにも感じられる。 

最大の関心事であるボディは、ジャガーであることが一目で判る雰囲気を保ちながら、空力的で流麗なルーフラインを採る斬新な外観に一変。材質はXJのようにアルミではなくスチールであることもトピック。全長は5mを若干切るものの、幅は1875mmと広い。FRという伝統的レイアウトは、居住空間を脅かすことも事実。ゆえにそこも踏まえて室内幅もしっかり確保されているし、デザイン的にもスッキリと広さを強調する。その上で独自の高級感の演出もけっして忘れてはいない。

インテリアは、5色のカラーと3色のウッド素材から選べる。
インテリアは、5色のカラーと3色のウッド素材から選べる。 拡大
エンジンは、3リッターNA(243ps)のほか、4.2リッターNA(304ps)、4.2リッターSC(426ps)の全3タイプが用意される。
エンジンは、3リッターNA(243ps)のほか、4.2リッターNA(304ps)、4.2リッターSC(426ps)の全3タイプが用意される。 拡大
トランク容量は500リッター。リアシートの背もたれは格納可能。写真をクリックすると、後席を倒したさまが見られます。
トランク容量は500リッター。リアシートの背もたれは格納可能。写真をクリックすると、後席を倒したさまが見られます。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

激変したインテリア

ジャガーを象徴するラジエターグリルは、外枠に凝らず格子は縦でも横でもなく、斜めの餅網風という単純ではあるが、シンプルな中にもジャガーらしい風格と品を備えている。

室内を広々と見せているのは、ギアセレクター部分の飛び出しをなくし、センターコンソールをフラットにして、シンプルかつ未来的に仕上げているからだ。スターターボタンを押すと、少しだけせりあがるダイヤルがあり、ギアポジションの選択はこのダイヤルを回すことにより、「P」「R」「N」「D」「S」に切り替えられる。あとはステアリングホイール裏に備わるパドル操作で、プラス・マイナスすることにより、積極的にシフトすることも可能だ。ZF製6ATはダウン時には空吹かしして回転合わせまで行うため、スムーズな変速が約束される。

もうひとつ、視覚的な邪魔物になりがちなサイドブレーキは、レバーではなく、使いにくい足踏み式でもなく、フラットで小型の電気スイッチを採用している。この手のものは他社にも例はあるが、それらは問題がないわけでもない。なぜならばオン/オフだけに使うものと勘違いしたり、緊急時の補助ブレーキとしての役割を考えていない例もあるからだ。ジャガーのそれは走行中でも操作可能で、引き上げ続ければレバー式に準じた手動ブレーキとして、加減したり反復使用することも可能。

フロントグリルは全車共通でメッシュタイプが採用された(写真はSV8)。
フロントグリルは全車共通でメッシュタイプが採用された(写真はSV8)。 拡大
インテリアのイルミネーションはブルー系で、コンテンポラリーな雰囲気を追求した。
インテリアのイルミネーションはブルー系で、コンテンポラリーな雰囲気を追求した。 拡大
後席は、足下、頭上、左右方向ともに十分な空間を確保したという。
後席は、足下、頭上、左右方向ともに十分な空間を確保したという。 拡大

乗り味に残るジャガーらしさ

サスペンションはジャガーのエンブレムが示すネコ科の動物らしく、4脚がしなやかにストロークして接地性を助け、ボディを常時フラットな姿勢に保つ。少しずつ硬くなってきてはいるけれども、英国の道で育った車ゆえに凸凹には強く、サスペンションの基本はストロークすることにある、という精神を忘れてはいない。

XJサルーンとの最大の違いである、アルミと鉄の違いについては、当然というかやはりそれなりに感触は異なる。ボディ慣性は大きく、コーナーでの向きが変わる瞬間とか、ブレーキングを終えてもなお残る前進感とか、動きの方向が変わる瞬間的な挙動においては、これだけ大きなクルマになると鈍な部分もでてくる。しかし乗り心地の面で、フラットさを保つという意味では、鉄の重さが味方することもある。個人的な好みを言わせてもらうならば、鉄よりはアルミの方が良かったと思うが、XFもボンネットなどはアルミだから、トランクやドアなど、表皮のパーツが今後アルミ化される可能性も皆無ではないと思われる。

ともあれ、新しいXFはターゲットユーザーがより若い人であり、これまでの化石的石頭のような古臭い因習にはとらわれない。現代の基準をもってライバルと比較するならば、このスタイリングもインテリアデザインも走りっぷりも含め、スポーツサルーンとしての、新しい価値感をもって素直に迎えいれられるのではないだろうか。

(文=笹目二朗/写真=高橋信宏)

自動車評論家の笹目二朗氏。
自動車評論家の笹目二朗氏。 拡大
10.15モードより実際値に近い「JC08モード」によると、3.0NAは7.5km/リッター、4.2NAは7.0km/リッター、4.2スーパーチャージドは6.7km/リッターとなっている。
10.15モードより実際値に近い「JC08モード」によると、3.0NAは7.5km/リッター、4.2NAは7.0km/リッター、4.2スーパーチャージドは6.7km/リッターとなっている。 拡大
ジャガーXFシリーズ【試乗速報】の画像 拡大

関連キーワード:
XFジャガー試乗記

あなたにおすすめの記事