【スペック】3.0ラグジュアリー:全長×全幅×全高=4970×1875×1460mm/ホイールベース=2910mm/車重=1750kg/駆動方式=FR/3.0リッターV6DOHC24バルブ(243ps/6800rpm、30.6kgm/4100rpm)/価格=650万円(テスト車=667万1300円/パーキングエイドパッケージ=9万7500円/ジャガースマートキーシステム=7万3800円)

ジャガーXFシリーズ【試乗速報】

新時代の幕開け 2008.04.25 試乗記 ジャガーXFシリーズ

「XF」は、ジャガーが満を持して送り込む新世代ミドサイズサルーンだ。Sタイプの単なる後継車ではないことは、運転席に乗り込めばすぐにわかる。

伝統のしがらみを断ち切った

「ジャガーXF」は、これまでの「Sタイプ」の後継車というだけでなく、新しい次元への跳躍を試みるジャガーの意欲作でもある。ジャガーと言えば、初代「XJ」サルーンや「Eタイプ」のイメージがあまりにも強く、なかなかそこから抜け出すのが難しいようにも見える。伝統=クラシック風なもの、というしがらみを断ち切るには英断も必要だろう。今度のXFには、4ドアクーペ的なスタイリングの中に、その決意を見ることができる。

搭載されるエンジンは3種。243psの3リッターV6、304psの4.2リッターV8、そしてスーパーチャージャーでチュ−ンした426psの4.2リッターV8と、ほぼこれまでのユニットを踏襲する。サスペンションも前ダブルウィッシュボ−ン/後マルチリンクと形式は以前と同じであるが、チューンはXF専用、強いて言えばXKに近い。価格の一例をあげると、「3.0ラグジュアリー」が650万円。「4.2プレミアム・ラグジャリー」が870万円。「SV8」が995万円。XJとラップさせることにより、どちらかが兄で片方は弟という上下関係ではなく、毛色の違う従兄弟同志の関係を造りだそうとしているようにも感じられる。 

最大の関心事であるボディは、ジャガーであることが一目で判る雰囲気を保ちながら、空力的で流麗なルーフラインを採る斬新な外観に一変。材質はXJのようにアルミではなくスチールであることもトピック。全長は5mを若干切るものの、幅は1875mmと広い。FRという伝統的レイアウトは、居住空間を脅かすことも事実。ゆえにそこも踏まえて室内幅もしっかり確保されているし、デザイン的にもスッキリと広さを強調する。その上で独自の高級感の演出もけっして忘れてはいない。

インテリアは、5色のカラーと3色のウッド素材から選べる。
インテリアは、5色のカラーと3色のウッド素材から選べる。
エンジンは、3リッターNA(243ps)のほか、4.2リッターNA(304ps)、4.2リッターSC(426ps)の全3タイプが用意される。
エンジンは、3リッターNA(243ps)のほか、4.2リッターNA(304ps)、4.2リッターSC(426ps)の全3タイプが用意される。
トランク容量は500リッター。リアシートの背もたれは格納可能。写真をクリックすると、後席を倒したさまが見られます。
トランク容量は500リッター。リアシートの背もたれは格納可能。写真をクリックすると、後席を倒したさまが見られます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る