美術館でF1展 〜東京オペラシティアートギャラリーで「F1 疾走するデザイン」が開催中〜

2008.04.23 自動車ニュース
会場に入ると、最初に飛び込んでくる光景。左手前から「クーパーT51」「ブラバムBT20」「ロータス77」「マクラーレン・ホンダMP4/4」。
美術館でF1展 〜東京オペラシティアートギャラリーで「F1 疾走するデザイン」が開催中〜

美術館でF1展 〜東京オペラシティアートギャラリーで「F1 疾走するデザイン」が開催中〜

東京・新宿の「東京オペラシティアートギャラリー」で企画展「F1 疾走するデザイン」が、2008年4月12日から始まった。

次のセクションには「ウィリアムズ・ルノーFW14B」「フェラーリF2005」「BARホンダ006」(カラーリングは2008年のホンダF1)、そして「ルノーR25」のカットモデルが。
次のセクションには「ウィリアムズ・ルノーFW14B」「フェラーリF2005」「BARホンダ006」(カラーリングは2008年のホンダF1)、そして「ルノーR25」のカットモデルが。
「ルノーR25」のカットモデル。展示台は鏡面仕上げのステンレス板で、フラットボトムの構造もよくわかる。
「ルノーR25」のカットモデル。展示台は鏡面仕上げのステンレス板で、フラットボトムの構造もよくわかる。

■主役は8台の歴代マシン

博物館ならともかく美術館でF1展とは、意外に感じる人もいることだろう。なぜ美術館かといえば、その理由はタイトルにもあるとおり、F1における「デザイン(設計)」をテーマとした展覧会であるから。2006年に英国ロンドンのデザインミュージアムによって企画され、翌2007年にはフィンランドのヘルシンキで開催、そして今回の東京へと続く国際巡回展である「F1 疾走するデザイン」。F1が発展するプロセスにおいてデザインが果たしてきた役割を、F1が始まった1950年から現在に至る、各年代を代表するマシンを中心に検証するというのが、そのコンセプトなのだ。

会場の主役は、前述したように年代順に並べられた実物のF1マシン。1958年にF1にミドシップを持ち込んだクーパーが、翌59年に王座を獲得した「クーパーT51」、3リッター時代の幕開けとなった66年シーズンのチャンピオンマシンである「ブラバムBT20」、76年に富士スピードウェイで開かれたF1選手権イン・ジャパンの優勝車である「ロータス77」、88年に全16戦中15勝を記録した「マクラーレン・ホンダMP4/4」、92年にナイジェル・マンセルがチャンピオンを獲得した「ウィリアムズ・ルノーFW14B」、2004年に佐藤琢磨らが駆った「BARホンダ006」(カラーリングは2008年のホンダF1)、そして2005年にミハエル・シューマッハらがドライブした「フェラーリF2005」(カラーリングはF2008)である。

「ルノーR25」のエグゾーストパイプ、ブレーキディスク、ブレーキペダル、タイヤやホイールなどのパーツ類。壁面に掛けられたパネルには各パーツの解説が記されている。
「ルノーR25」のエグゾーストパイプ、ブレーキディスク、ブレーキペダル、タイヤやホイールなどのパーツ類。壁面に掛けられたパネルには各パーツの解説が記されている。
4基展示されたホンダF1エンジン。左から1965年「RA272E」(1.5リッターV12、ピストン&クランク・アッセンブリー)、1988年「RA168E」(1.5リッター・ターボ)、1989年「RA109E」(3.5リッターV10)、1992年「RA122E/B」(3.5リッターV12)。
4基展示されたホンダF1エンジン。左から1965年「RA272E」(1.5リッターV12、ピストン&クランク・アッセンブリー)、1988年「RA168E」(1.5リッター・ターボ)、1989年「RA109E」(3.5リッターV10)、1992年「RA122E/B」(3.5リッターV12)。
会場の壁面には、1950年から2007年までの各シーズンのトピックが並ぶ。
会場の壁面には、1950年から2007年までの各シーズンのトピックが並ぶ。

■カットモデルやパーツの展示も

そして「勝つための、研ぎ澄まされた究極のデザイン」を細部にわたって紹介するサンプルとして、2005年のチャンピオンマシンである「ルノーR25」(カラーリングはR27)のカットモデルおよびパーツ類も展示。併せて掲げられた詳細な解説ボードをじっくり読めば、F1マシンの構造が理解できる仕組みとなっている。そのほかホンダのF1エンジン単体やブリヂストンのF1用タイヤの展示、F1の歴史を年代順に追ったパネル展示、さらに映像資料を見せるコーナーもあるなど、展示内容は充実している。

展示内容もさることながら、F1マシンをはじめとする展示品に添えられた解説文が、非常に正確、かつわかりやすく書かれているのも好印象だった。同様にCS放送のF1解説でおなじみの小倉茂徳氏らが執筆した、F1の歴史をコンパクトにまとめた関連パンフレット(800円)も、なかなかの力作である。総じてF1のビギナーからマニアまで楽しめると同時に、知的好奇心を刺激される展覧会と言っていいだろう。

この「F1 疾走するデザイン」は、6月29日(日)まで開催されている。開館時間は11:00〜19:00(土・日は20:00まで)、休館日は月曜(ただし4/28、5/5は開館)、入場料は一般1200円、大学・高校生1000円、中・小学生600円。問合せは東京オペラシティアートギャラリー(TEL:03-5353-0756 http://www.operacity.jp/ag/)まで。 

(文と写真=田沼 哲)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。