【スペック】全長×全幅×全高=4703×1826×1436mm/ホイールベース=2805mm/車重=1660kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(265ps/6500rpm、33.7kgm/3000-5000rpm)(欧州仕様車)

アウディA4アバント 3.2 FSIクワトロ(4WD/6AT)【海外試乗記】

アウディらしい統一感 2008.04.23 試乗記 アウディA4アバント 3.2 FSIクワトロ(4WD/6AT)
日本では、セダンより人気のあるのが「アウディA4アバント」。ワゴンとしての“道具”っぽさを感じさせないその魅力とは。新型をスペインで試乗した。

道具じゃない

新型「A4アバント」を最初に見たのはジュネーブショーの会場。月並みな表現だけれど「キレイなカタチ」と思った。
リアゲートはゆったりと傾斜し、アルミ製ルーフレールはすっきり屋根に埋め込まれている。エンジンに対して前輪の位置を154mm前進させ、2808mmのロングホイールベースとともに伸びやかなプロポーションを手に入れた新型「A4」に、とてもお似合いのデザインだと思った。

それから1ヵ月後。スペインのイビサ島で行われた国際試乗会で渡された資料を見て、美しさの理由がわかった。4703×1826×1436mmというボディサイズは、ヨーロッパ仕様のセダンと比較すると全高が9mmアップしただけで、幅はもちろん長さも同じなのだ。

ワゴンといわずにアバントを名乗る。人間と荷物を運ぶための道具ではなく、素敵な生活を演出するためのパートナー。そのコンセプトがサイズとカタチに表現されていると感じたのだ。

といっても新型A4アバント、狭いわけじゃない。ラゲッジスペースの容量はリアシートを起こした状態でも490リッター。ライバルと想定される「BMW3シリーズ」や「メルセデス・ベンツCクラス」を上回る。リアシートを倒せばその空間は1430リッターにまで拡大。このときの前後長は1770mmで、現行型を40mm上まわっている。

実際に目にすると、作りのよさが印象的だ。仕上げのよさはキャビンに劣らず。テールゲートは電動開閉式で、トノカバーは軽くタッチするだけで跳ね上がり、フロアは裏が防水仕様のリバーシブル。左右のレールにロッドやストラップを固定して空間を仕切るシステムも、「A6アバント」に続き採用した。こうした部分からもプレミアムブランドを感じるのだ。

 
アウディA4アバント 3.2 FSIクワトロ(4WD/6AT)【海外試乗記】の画像
 
アウディA4アバント 3.2 FSIクワトロ(4WD/6AT)【海外試乗記】の画像
写真をクリックすると後席シートを倒した状態が見られます。
写真をクリックすると後席シートを倒した状態が見られます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4アバントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る