日産、新型「ティアナ」を初公開!インフィニティ「EX35」も出展【北京ショー08】

2008.04.22 自動車ニュース
新型「ティアナ」
【北京モーターショー08】日産、新型「ティアナ」とインフィニティ「EX35」出展

【北京ショー08】日産、新型「ティアナ」を初公開!インフィニティ「EX35」も出展

日産自動車は、北京で開催する「オートチャイナ2008」(2008年4月20日〜28日)において、新型「ティアナ」を世界初披露した。また、インフィニティブランドから高級クロスオーバー「EX35」を出展した。

「インフィニティ EX35」
【北京モーターショー08】日産、新型「ティアナ」とインフィニティ「EX35」出展

「ティアナ」は、セフィーロの後継にあたる4ドアセダンとして、2003年2月にデビュー。モダンリビングのようなインテリアをウリとし、中国をはじめとするアジア地域全域で販売されるグローバルカーである。
今回初のフルモデルチェンジを受け、新型が北京モーターショーで世界で初公開となった。

新型「ティアナ」は「モダンラグジュアリー」と「おもてなし」をコンセプトに開発され、初代に続きインテリアデザインをさらに充実させたという。

パワートレインは、V6エンジンの2.5リッター「VQ25DE」と3.5リッター「VQ35DE」を搭載し、エクストロニックCVTと組み合わされる。また、中国向けには燃費とパフォーマンスの良さを両立した2リッター直列4気筒の「MR20DE」を設定する。

さらに、中国初披露となる2台のコンセプトカー「PIVO2」と「NV200」のほか、4月に発売した「リヴィナ C-Gear」や「リヴィナ」「リヴィナ ジェニス」「ティーダ」「シルフィ」「キャシュカイ」「350Z」「パラディン」を出展。

インフィニティでは、2007年7月の販売開始以降、中国市場で4車種目となる高級クロスオーバー「EX35」をはじめ、1月に発売された「M35(日本名:フーガ)」「G35セダン(日本名:スカイラインセダン)」「FX」などを展示している。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
ティアナ日産イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る