キャデラック2モデルがマイナーチェンジ

2012.01.23 自動車ニュース
「キャデラックCTS」北米仕様車
キャデラック「CTS」と「SRXクロスオーバー」がマイナーチェンジ

GMジャパン、キャデラック「CTS」と「SRXクロスオーバー」をマイナーチェンジ

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2012年1月23日、キャデラックの「CTS」と「SRXクロスオーバー」にマイナーチェンジを実施して発売した。これら2モデル(「CTS-V」を除く)にはエコカー補助金が適用される予定。

「キャデラックSRXクロスオーバー」北米仕様車
キャデラック「CTS」と「SRXクロスオーバー」がマイナーチェンジ

今回のマイナーチェンジで、「CTS」シリーズに搭載される3.6リッターV6エンジンは最高出力が311psから322psへ強化された。また、ヘッドまわりの設計の見直しや新素材の採用などによってエンジンの重量が約10kg軽くなった。これにより、ハンドリングが従来より軽快になっているという。

外観では、縦方向のリブを際立たせた新デザインのフロントグリルや、より立体的なキャデラックのエンブレムを採用。これにより、精悍(せいかん)な印象を与えるフロントエンドとした。
また、アクティブ・フロントヘッドレストとレインセンスワイパーを追加したほか、CTSクーペとCTS-Vクーペにはサイドブラインドゾーン・アラートシステムを採用した。新色ボディーカラー(ブラック・ダイヤモンドとオピュレント・ブルー・メタリック)も設定した。価格は490万円(CTSスポーツセダン 3.0スタンダード)から872万円(CTS-Vセダン)。

一方、「SRXクロスオーバー」には今回新たにステアリングヒーターとドアロック解除スイッチを追加した。また新色のボディーカラー(キセノン・ブルー)も用意した。価格は549万円(ラグジュアリー)と599万円(プレミアム)。

2モデルとも、3リッターと3.6リッターのV6エンジン搭載車については、エコカー補助金(10万円)の対象予定車となった。

(webCG 竹下)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る