キャデラック2モデルがマイナーチェンジ

2012.01.23 自動車ニュース
「キャデラックCTS」北米仕様車
キャデラック「CTS」と「SRXクロスオーバー」がマイナーチェンジ

GMジャパン、キャデラック「CTS」と「SRXクロスオーバー」をマイナーチェンジ

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2012年1月23日、キャデラックの「CTS」と「SRXクロスオーバー」にマイナーチェンジを実施して発売した。これら2モデル(「CTS-V」を除く)にはエコカー補助金が適用される予定。

「キャデラックSRXクロスオーバー」北米仕様車
キャデラック「CTS」と「SRXクロスオーバー」がマイナーチェンジ

今回のマイナーチェンジで、「CTS」シリーズに搭載される3.6リッターV6エンジンは最高出力が311psから322psへ強化された。また、ヘッドまわりの設計の見直しや新素材の採用などによってエンジンの重量が約10kg軽くなった。これにより、ハンドリングが従来より軽快になっているという。

外観では、縦方向のリブを際立たせた新デザインのフロントグリルや、より立体的なキャデラックのエンブレムを採用。これにより、精悍(せいかん)な印象を与えるフロントエンドとした。
また、アクティブ・フロントヘッドレストとレインセンスワイパーを追加したほか、CTSクーペとCTS-Vクーペにはサイドブラインドゾーン・アラートシステムを採用した。新色ボディーカラー(ブラック・ダイヤモンドとオピュレント・ブルー・メタリック)も設定した。価格は490万円(CTSスポーツセダン 3.0スタンダード)から872万円(CTS-Vセダン)。

一方、「SRXクロスオーバー」には今回新たにステアリングヒーターとドアロック解除スイッチを追加した。また新色のボディーカラー(キセノン・ブルー)も用意した。価格は549万円(ラグジュアリー)と599万円(プレミアム)。

2モデルとも、3リッターと3.6リッターのV6エンジン搭載車については、エコカー補助金(10万円)の対象予定車となった。

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTSセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • 第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
    キャデラックATS-Vに試乗する
    2016.11.24 特集 2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
ホームへ戻る