国家公認! 一番安全なクルマはコレだ 〜「自動車アセスメントグランプリ車」表彰式から

2008.04.21 自動車ニュース

国家公認! 一番安全なクルマはコレだ 〜「自動車アセスメントグランプリ車」表彰式から

独立行政法人「自動車事故対策機構(通称:NASVA)」は2008年4月21日、平成19年度の自動車安全アセスメントの結果をまとめ、最優秀車を表彰した。さて、国も認めた最も安全なクルマとは……?

■流石の6連星!

国土交通省と独立行政法人NASVAは、1995年から消費者の立場で自動車の安全性をチェックしてきた。
平成19年度は、乗用車14台と商用車1台の計15台をテスト。乗員保護性能と歩行者(の頭部)保護性能について最も優秀と判断した「自動車アセスメントグランプリ車」を選出、表彰した。

栄えあるグランプリに輝いたのは、スバルのコンパクトハッチバック、新型「インプレッサ 15S」だ。

表彰状を受け取ったスバルの竹内明英プロジェクトゼネラルマネージャーは、「スバル50周年の節目に賞をいただくのは感慨深いこと。大きな励みになります」と、しみじみ。
挨拶に立ったNASVAの牛島清理事も「平成13年、先代インプレッサスポーツワゴンの評価は、いまより1段低い“★5つ”でした」「今回、エンブレムの6連星と同じ★6つ。さすがはスバル」と、その栄誉を称えた。

■歩行者を大切に

ところで自動車アセスメントグランプリは、
1、「フルラップ前面衝突試験」「オフセット前面衝突試験」「側面衝突試験」の結果、運転席と助手席の安全性能総合評価がともに満点(★6つ)であること
2、歩行者頭部保護性能評価が最高点(レベル5)であること
の2点が、選考ノミネートの条件だ。

今回「歩行者保護=レベル5」を達成したのは、インプレッサのみ(!)。
乗員の保護性能については、試験を実施した15台のうち14台が★6つ(残る1台は★5つ)を得るなど既にハイレベルであり、今後はメーカーに対して歩行者保護性能の向上を働きかける必要性が、浮き彫りとなった。

なお、ほか14台は、
トヨタ:イスト、プレミオ/アリオン、ブレイド、ノア/ヴォクシー、ラッシュ(ダイハツ・ヴィーゴ)
日産:エクストレイル、スカイライン、AD(マツダ・ファミリアバン)
ホンダ:フィット、クロスロード
マツダ:デミオ
三菱:ギャランフォルティス、アウトランダー、デリカ
となっている。
それぞれの試験結果は、「NASVA」のウェブサイトで確認できる。試験の動画リポート(ホンダ・フィット)もあわせてごらんください。

(webCG 関)


国家公認! 一番安全なクルマはコレだ 〜「自動車アセスメントグランプリ車」表彰式からの画像
【写真上】授賞式に臨むスバルの竹内明英プロジェクトゼネラルマネージャー(写真右)と、NASVAの金澤悟理事長。
【写真下】グランプリを獲得した「スバル・インプレッサ」。ベコベコに潰れた実験車両も、赤絨毯の上でチョット誇らしげ(?)
【写真上】授賞式に臨むスバルの竹内明英プロジェクトゼネラルマネージャー(写真右)と、NASVAの金澤悟理事長。【写真下】グランプリを獲得した「スバル・インプレッサ」。ベコベコに潰れた実験車両も、赤絨毯の上でチョット誇らしげ(?)
会場は、東京大手町のオフィス街。インプレッサ、クロスロード、ラッシュ、プレミオ(写真)ら“優等生”が広場に置かれた。……変わり果てた姿で。
会場は、東京大手町のオフィス街。インプレッサ、クロスロード、ラッシュ、プレミオ(写真)ら“優等生”が広場に置かれた。……変わり果てた姿で。
「ホンダ・クロスロード」も、すっかり“別人”に。乗員保護ではインプレッサを凌いだが、歩行者保護性能があと一歩及ばず。
「ホンダ・クロスロード」も、すっかり“別人”に。乗員保護ではインプレッサを凌いだが、歩行者保護性能があと一歩及ばず。
「こんなに潰れて、中は大丈夫なのかな!?」
通行人がかわるがわる覗き込む。
「こんなに潰れて、中は大丈夫なのかな!?」
    通行人がかわるがわる覗き込む。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る