独アウディ、北京国際自動車ショーでSUV「Q5」をワールドプレミア【北京ショー08】

2008.04.21 自動車ニュース

【北京ショー08】独アウディ、北京国際自動車ショーでSUV「Q5」をワールドプレミア

独アウディは2008年4月19日、コンパクトSUV「Q5」を発表。4月20日から中国にて開催されている「北京国際自動車ショー」でワールドプレミアを果たした。

スポーティで、かつ多目的な用途に使えるクルマとしてデビューした「Q5」は、すでに市販されるプレミアムSUV「Q7」の弟分ともいえる体躯を持つ。
全長×全幅×全高=4630×1880×1650mmと、ライバルと目される「BMW X3」(同4565×1855×1675mm)に較べ、ひとまわり大きく背が低いボディサイズ。「アウディA4」同様にパワートレインレイアウトを変更することで、2810mmという長いホイールベースを実現した。

エンジンは、可変バルブリフトシステム「アウディバルブリフト」を採用した2リッター直噴ターボ(211hp、35.7kgm)のほか、2リッター直4(170hp、35.7kgm)と3リッターV6(240hp、51.0kgm)のディーゼルの3種が用意される。
トランスミッションは2リッターディーゼルに6段マニュアル、ほか2種には7段の2ペダルMT「Sトロニック」が組み合わされる。

クワトロシステムはSUV用に最適化されたもの。基本を前40:後60とし、走行状況に応じて65:35〜15:85まで変化する。A5以降に採り入れられた新機軸、クルマの特性を任意で変更できる「アウディドライブシステム」も備わる。オフロード走行の目安になる、アプローチアングルは25度、デパーチャアングルは31度、ランプブレークオーバーアングルは17.5度とされ、最低地上高は200mmが確保された。

最新モデルにふさわしく、レーンアシストシステム車間保持機能付きのクルーズコントロールなど多くの安全装備が与えられた。その上で、ドリンクホルダーや収納、B&O社製のオーディオやTVチューナー、iPod接続端子など、アメニティにも多分に配慮されたSUVらしい装備を持つ。

(webCG 本諏訪)


独アウディ、北京国際自動車ショーでSUV「Q5」をワールドプレミア【北京ショー08】の画像

独アウディ、北京国際自動車ショーでSUV「Q5」をワールドプレミア【北京ショー08】の画像

独アウディ、北京国際自動車ショーでSUV「Q5」をワールドプレミア【北京ショー08】の画像

独アウディ、北京国際自動車ショーでSUV「Q5」をワールドプレミア【北京ショー08】の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
ホームへ戻る