独アウディ、北京国際自動車ショーでSUV「Q5」をワールドプレミア【北京ショー08】

2008.04.21 自動車ニュース

【北京ショー08】独アウディ、北京国際自動車ショーでSUV「Q5」をワールドプレミア

独アウディは2008年4月19日、コンパクトSUV「Q5」を発表。4月20日から中国にて開催されている「北京国際自動車ショー」でワールドプレミアを果たした。

スポーティで、かつ多目的な用途に使えるクルマとしてデビューした「Q5」は、すでに市販されるプレミアムSUV「Q7」の弟分ともいえる体躯を持つ。
全長×全幅×全高=4630×1880×1650mmと、ライバルと目される「BMW X3」(同4565×1855×1675mm)に較べ、ひとまわり大きく背が低いボディサイズ。「アウディA4」同様にパワートレインレイアウトを変更することで、2810mmという長いホイールベースを実現した。

エンジンは、可変バルブリフトシステム「アウディバルブリフト」を採用した2リッター直噴ターボ(211hp、35.7kgm)のほか、2リッター直4(170hp、35.7kgm)と3リッターV6(240hp、51.0kgm)のディーゼルの3種が用意される。
トランスミッションは2リッターディーゼルに6段マニュアル、ほか2種には7段の2ペダルMT「Sトロニック」が組み合わされる。

クワトロシステムはSUV用に最適化されたもの。基本を前40:後60とし、走行状況に応じて65:35〜15:85まで変化する。A5以降に採り入れられた新機軸、クルマの特性を任意で変更できる「アウディドライブシステム」も備わる。オフロード走行の目安になる、アプローチアングルは25度、デパーチャアングルは31度、ランプブレークオーバーアングルは17.5度とされ、最低地上高は200mmが確保された。

最新モデルにふさわしく、レーンアシストシステム車間保持機能付きのクルーズコントロールなど多くの安全装備が与えられた。その上で、ドリンクホルダーや収納、B&O社製のオーディオやTVチューナー、iPod接続端子など、アメニティにも多分に配慮されたSUVらしい装備を持つ。

(webCG 本諏訪)


独アウディ、北京国際自動車ショーでSUV「Q5」をワールドプレミア【北京ショー08】の画像

独アウディ、北京国際自動車ショーでSUV「Q5」をワールドプレミア【北京ショー08】の画像

独アウディ、北京国際自動車ショーでSUV「Q5」をワールドプレミア【北京ショー08】の画像

独アウディ、北京国際自動車ショーでSUV「Q5」をワールドプレミア【北京ショー08】の画像
関連記事
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る