ピンクのチェッカーフラッグが目印!首都高交通安全キャンペーンで「ホメドライブ」始まる

2008.04.21 自動車ニュース
左から、「東京スマートドライバー」発起人の小山薫堂氏、日産自動車COOの志賀俊之氏、首都高速道路代表取締役会長の長谷川康司氏。
ピンクのチェッカーフラッグが目印!首都高交通安全キャンペーンで「ホメドライブ」始まる

ピンクのチェッカーフラッグが目印!首都高交通安全キャンペーンで「ホメドライブ」始まる

首都高速道路は、2008年4月21日、首都高の事故を減らすプロジェクト「東京スマートドライバー」のキャンペーンとして、「ホメドライブ」と題した交通安全キャンペーンを開始する。キャンペーンの一環として首都高に登場する「ホメパト(日産GT-R)」がお披露目された。

この活動のシンボルとなるピンクのチェッカーフラッグと「TOKYO SMART DRIVER」がデザインされた「日産GT-R」。
この活動のシンボルとなるピンクのチェッカーフラッグと「TOKYO SMART DRIVER」がデザインされた「日産GT-R」。
ボンネットのステッカーが反転しているのは、「ホメパト」の前を走るドライバーがルームミラーから見たとき、それとわかるようにだとか。「02(マルニターボ)」かい!
ボンネットのステッカーが反転しているのは、「ホメパト」の前を走るドライバーがルームミラーから見たとき、それとわかるようにだとか。「02(マルニターボ)」かい!

「東京スマートドライバー」は、2007年8月10日「道の日」にスタートした首都高での交通事故削減を目指すプロジェクト。首都高では、年間1万2000件以上の交通事故が発生(2006年度)し、その事故が原因で起こる渋滞が環境問題に影響しているともいわれる。首都高で1つの事故が減ると2キロの事故渋滞と3トンのCO2排出の削減ができるという。
「東京スマートドライバー」プロジェクトは、人と人とのコミュニケーションの力で、ドライバーの意識を変え、交通事故を減らし、首都高での交通事故削減とCo2排出量削減を目指す。

これまでも企業や個人の協力のもと、シンボルステッカーの配布や様々なコラボレーションアイテムの作成などを通じて、少しずつその輪を広げ、プロジェクトスタートから約半年で約600件の交通事故が削減できたという。

そして今回の「ホメドライブ」は、これまでの規制による一方的な取り締まりから、良い運転をしている人を“褒める”という視点で、ドライバーの安全運転意識を高め、事故の削減につなげようという。

「ホメパト」のお披露目会では、「東京スマートドライバー」プロジェクト発起人の小山薫堂さん、「ホメパト」を提供した日産自動車の志賀俊之COO、首都高速道路代表取締役会長の長谷川康司氏によるあいさつのあと、「ホメパト」のドライバー代表としてタレントの近藤真彦さんが「ホメパト」を運転して登場。「GT-R」はいつも運転しているけど、今日はちょっと緊張しました。この「ホメパト」を見たら、譲り合いの気持ちを忘れないで、ゆとりある運転を思い出すきっかけになればいですね。とコメントした。


ピンクのチェッカーフラッグが目印!首都高交通安全キャンペーンで「ホメドライブ」始まるの画像
「ホメ玉」には、「great!」「perfect!」など8種類の「ホメ」メッセージが書かれている。
「ホメ玉」には、「great!」「perfect!」など8種類の「ホメ」メッセージが書かれている。

「ホメパト」は、2008年4月21日から8月31日までのキャンペーン期間中、首都高を巡回する。ホメパトが見つけたスマートドライバーは、公式サイト内の「ホメブログ」にて報告されるとか。
また、料金所にて「ホメ」メッセージが書かれた「ホメ玉」の配布やホメコトバを集める投稿型コンテンツ「ホメメール」などで、プロジェクトを盛り上げる。

1日100万台のクルマが走るといわれる首都高速で、「ホメパト」を見る確率は、100万分の1。もし「ホメパト」を発見してもあわてず、余裕のある運転を心がけましょう!

「TOKYO SMART DRIVER」プロジェクト公式サイト
https://www.smartdriver.jp/

(webCG ワタナベ)

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】NEW 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る