【スペック】全長×全幅×全高=4881×1847×1353mm/ホイールベース=2942mm/車重=1880kg/駆動方式=FR/4.2リッターV8DOHC32バルブ(405ps/7100rpm、47.0kgm/4750rpm)/価格=1530万円(テスト車=1668万6000円)

マセラティ・グラントゥーリズモ(FR/6AT)【試乗記】

ハイエンドGT 2008.04.21 試乗記 マセラティ・グラントゥーリズモ(FR/6AT)
……1668万6000円
マセラティの4シータースポーツカー「グラントゥーリズモ」。これまでマセラティブランドに特別な感情を抱いたことがない執筆者だったが、グラントゥーリズモは思いもよらないフィーリングを……。
【テスト車のオプション装備】
ハイグロスカラートリム=31万5000円/ステッチカラー=2万9000円/メタリックペイント=15万2000円/BOSEサウンドシステム=21万円/スカイフックサスペンション=32万5000円/21インチバードケージデザインホイール=35万5000円
マセラティ・グラントゥリズモ(FR/6AT)【短評】

これまでのイメージ

熱狂的“マセファン”(?)の方には申し訳ないけれど、ボクはこのブランドに特別な思いを抱いたことがなかった。要因のひとつが、自身には金輪際縁のなさそうな車両価格にあったのはもちろんだが、正直なところ、これまで経験したモデルの走りのテイストが、どうももうひとつ個人的な好みとは相容れないものであったからだ。

たとえば、かつての「クーペ」もそうだったし、「クアトロポルテ」もそうだった。どれもボディやシャシーのしっかり感が、自分の中での期待値に届いていなかった。「今やフェラーリの“親戚”なんだから、走りもそれに準じて当然」と、無意識のうちに思っていたのかもしれない。というわけで、言葉は悪いが「何だか粋がった見た目のわりに……、カッコ負け」といったイメージが僕の心の中にできあがっていた。が、そんなネガティブさにズバリ終止符を打ったのが今回乗ったグラントゥーリズモだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グラントゥーリズモの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る