第37回:「欧州のクルマ社会は大人だ」なんて誰が言った? コテコテ和製ワンボックスカーを輸出せよ!

2008.04.19 エッセイ

第37回:「欧州のクルマ社会は大人だ」なんて誰が言った?コテコテ和製ワンボックスカーを輸出せよ!

ジャン・レノはいない

日本で相変わらずそこそこウケていても、イタリアやフランスで滅多に見ない日本車のタイプといえば何でしょう?

答えは「ワンボックスカー」である。

オランダなど一部の国で以前販売された初代「トヨタ・エスティマ」や、商用車ベースの「トヨタ・ハイエース」、日産モトールイベリカ(スペイン)製の「バネット」「日産セレナ」などは稀に路上で見かけることがある。

しかし現行では、乗用車専用ワンボックスは「マツダ・プレマシー」の海外仕様「マツダ5」を除き伊仏には輸入されていない。
「トヨタ・アルファード」も、「日産エルグランド」も、こちらでは走っていないのだ。ましてやジャン・レノが対座シートで家族と「そうだよ、私のマドモアゼル」などと対話している姿など、誰も知らない。いずれも日本では国道沿いのカー用品店駐車場に必ず1台は停まっているクルマにもかかわらずである。
だからこちらで生活していると、時折ふと「お元気ですか」と、吉永小百合顔で遠い空を眺め、センチュリーとワンボックスカーに思いを馳せてしまう。

もちろん、伊仏にも乗用車専用ワンボックスがあることはある。
フィアットとPSAプジョー・シトロエンによる合弁会社セヴェルで製造している「ランチア・フェドラ」「フィアット・ウリッセ」「プジョー807」そして「シトロエンC8」の4姉妹だ。

排気量はガソリンが2リッター、ターボディーゼルが2リッターと2.2リッターで、フェドラの場合、全長×全幅×全高は4720×1860×1750mmだ。同じ2リッター級7人乗りということで「トヨタ・ノア」と比べると90mm長く、140mm幅広く、100mm低い。

しかしながら、売れない。2007年12月のイタリア新車登録台数を見ても、フェドラが137台、プジョー807はたった71台である。
まあ、そうしたニッチ車種だからこそ、ジョイント・ベンチャーで開発、生産しているのであろうが。

「ランチア・フェドラ」2008年モデル
(写真=FIAT)
「ランチア・フェドラ」2008年モデル(写真=FIAT)
フェドラのインテリア。(写真=FIAT)
フェドラのインテリア。(写真=FIAT)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。