第66回:カーナビ実用テスト(最終回):信じて走れば、渋滞知らず!

2008.04.19 エッセイ

第66回:カーナビ実用テスト(最終回):信じて走れば、渋滞知らず!

前2回のテストリポートは、カロッツェリア・サイバーナビ AVIC-XH099の新機能説明だけになってしまったが、いよいよ走り出してのインプレッションである。今回は基本性能に加えて、本題でもあるスマートループの実力を試してみた。同時に、予想外に好印象だった音楽再生機能も紹介しよう。

→その2はこちら
→その1はこちら


第66回:カーナビ実用テスト(最終回):信じて走れば、渋滞知らず!の画像

第66回:カーナビ実用テスト(最終回):信じて走れば、渋滞知らず!の画像
同じ地点で、上から25m、100m、200mスケールで表示した地図画面。スケールは変わっても違和感がないのが、サイバーナビの美点である。
同じ地点で、上から25m、100m、200mスケールで表示した地図画面。スケールは変わっても違和感がないのが、サイバーナビの美点である。

見直した基本性能

カーナビは地図の見やすさが要である。サイバーナビシリーズの地図表示はいつ見ても落ち着くのだが、これは自分だけの印象ではないと思う。他のカーナビと比べるとその理由がよくわかる。
他社のものは、縮尺を変えるだけでまったく別の地図にデザインごと切り替わってしまうような印象を受けるものが多いが、カロッツェリアは、どの縮尺で見ても同じトーンが保たれるのである。しかも、どれもが紙地図のテイストを有している。これらは使う側に非常に安心感を与えるものなので、今さらではあるが評価するにあたり重要項目なので冒頭にとりあげた。

もうひとつのサイバーナビの美点は、自車マークの反応がすこぶるよいことである。他社のナビのすべてがそうだというわけではないが、実際のクルマの動きに対してナビの自車マークが遅れて反応しているように思えることがよくある。
たとえば、クルマは交差点を曲がりきっているのに、ナビの自車マークはまだ交差点の手前にあるというケースだ。まさか軌跡のズレを生じさせないためにクルマの動きを確めているわけでもないだろうが、この遅れはけっこう気になる。

その点、サイバーナビはリアルタイムとはいかないもののその差はごく小さい。舵を切れば自車マークもスッと動いてまことに気分のいいものである。この優れた追随性があるから、曲がるべき地点で「右です」といったジャスト案内をするのが可能なのだろう。このあたりは以前から感心していた部分だが、久々に体験すると改めてその高性能ぶりに驚かされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ