クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】ギャランフォルティス スポーツバック スポーツ:全長×全幅×全高=4585×1760×1515mm/ホイールベース=2635mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4SOHC16バルブ(139ps/6000rpm、17.5kgm/4200rpm)/価格=222万6000円(テスト車=269万3250円)

三菱ギャランフォルティス スポーツバック スポーツ/デリカD:5 G-Powerパッケージ【試乗記】

いいクルマって何だ? 2012.01.25 試乗記 三菱ギャランフォルティス スポーツバック スポーツ(FF/CVT)/デリカD:5 G-Powerパッケージ(7人乗り)(FF/CVT)
269万3250円/314万4000円

新エンジンとアイドリングストップ機能を採用し、小変更を受けた「ギャランフォルティス スポーツバック」と「デリカD:5」。個性ある2つのモデルにあらためて試乗し、三菱自動車について考えた。

がんばれ、スリーダイヤ!

マイナーチェンジを受けた「三菱ギャランフォルティス スポーツバック」と「三菱デリカD:5」を撮影しながらムムムと思ったのは、取材スタッフが異口同音に「意外とカッコいい」という感想を述べたからだ。
確かに、ギャランフォルティス スポーツバックみたいな国産4ドアモデルは見たことがない。デリカD:5にはかつての「デリカ スペースギア」が持っていた月面車テイストが残っていて、これまたよそのファミリー向けミニバンとは別路線を突っ走っている。

だからどちらもスタイリングに特徴があるクルマで、しかもなかなかカッコいい。それなのに全員がアタマに「意外と」と付けてしまうのは、この2台への注目度が低いことの表れだろう。でも、それももったいない話だ。この2台に限らず、「RVR」だって「i」だって、いいデザインだと思う。
2台を試乗しながら、なんとか三菱車が輝く道はないものか、ということを考える。

ここまでお読みになって、「なんか三菱の肩を持ってるな」「エコヒイキじゃないか」と思われる方もいるかもしれない。それは正解で、三菱自動車のことを考えると少し体温が上がる。なんとなれば、自分は20年来の浦和レッズサポーターであるからだ。先日も、ここ数年のレッズの迷走に嫌気がさして解約しようと思っていたシーズンチケットを「これで最後、きっと更生してくれる」と信じて更新してしまった……。
というわけでレッズの筆頭株主である三菱自動車にはバンバン稼いでもらいたいし、レッズ期待の若手、MF山田直輝選手にはすてきな三菱車に乗ってもらいたいのである。

「ギャランフォルティス スポーツバック」は、写真の「SPORT」(1.8リッターエンジン+CVT)と、「RALLIART」(2リッターターボエンジン+6段ツインクラッチSST)の2モデル展開。昨秋、同時にマイナーチェンジを受けた4ドアノッチバック版の「ギャランフォルティス」は「EXCEED」「SUPER EXCEED」「RALLIART」の3つの仕様をラインナップする。
「ギャランフォルティス スポーツバック」は、写真の「SPORT」(1.8リッターエンジン+CVT)と、「RALLIART」(2リッターターボエンジン+6段ツインクラッチSST)の2モデル展開。昨秋、同時にマイナーチェンジを受けた4ドアノッチバック版の「ギャランフォルティス」は「EXCEED」「SUPER EXCEED」「RALLIART」の3つの仕様をラインナップする。
    拡大
【スペック】デリカD:5 G-Powerパッケージ:全長×全幅×全高=4730×1795×1850mm/ホイールベース=2850mm/車重=1700kg/駆動方式=FF/2リッター直4SOHC16バルブ(150ps/6000rpm、19.4kgm/4200rpm)/価格=266万1000円(テスト車=314万4000円/ボディーカラー=<ウォームホワイトパール/クールシルバーメタリック>=3万1500円/7インチHDDナビゲーション=36万7500円/SRSサイド&カーテンエアバッグ=8万4000円)
【スペック】デリカD:5 G-Powerパッケージ:全長×全幅×全高=4730×1795×1850mm/ホイールベース=2850mm/車重=1700kg/駆動方式=FF/2リッター直4SOHC16バルブ(150ps/6000rpm、19.4kgm/4200rpm)/価格=266万1000円(テスト車=314万4000円/ボディーカラー=<ウォームホワイトパール/クールシルバーメタリック>=3万1500円/7インチHDDナビゲーション=36万7500円/SRSサイド&カーテンエアバッグ=8万4000円) 拡大

さわやかでイヤミはないけれど……

まずはギャランフォルティス スポーツバックから。マイナーチェンジの眼目は、1.8リッター直列4気筒エンジンが新しくなったこと。従来の「4B10」型エンジンは同じ1.8リッターでもDOHC16バルブだったけれど、新しい「4J10」型ユニットはSOHC16バルブになる。シンプルなSOHCにすることで軽量、コンパクトになっているという。SOHCとはいえ、後述する連続可変バルブタイミング機構の刷新などにより、従来型DOHCユニットとパワー、トルクは変わらない。

街中での試乗だったけれど、市街地を走らせるぶんにはさわやかでイヤミのない好エンジンだ。CVTもいい仕事をしていて、踏めば素直に反応し、不満はない。知らないうちにエンジンが止まり、始動してほしいときにすっとスタートするアイドリングストップ機構の作動もナチュラルだ。ただし今の世の中、このくらいだと「よくできていますね〜」で終わってしまうのも事実。

低回転域でのトルクがもう少し濃ゆいほうがクルマにコクが出るだろうし、レスポンスなのかいい音なのか、あるいはさらなる省燃費なのか、なんでもいいからこのエンジンだけにしかできない特技を期待したくなる。
乗り心地がしなやかでハンドリングも軽快だから、もう少し特徴がはっきりすればオシャレ派スポーティーセダンとして売り出せそうな気がする。

燃費といえば連続可変バルブタイミング機構「MIVEC」も一新され、よりシンプルな構造でより効率的なものとなった。具体的には、吸入時の損失(ポンピングロス)を減らすこと(=燃費向上)に成功しているという。ちなみに新しい「MIVEC」は、SOHCエンジンに対応できるように開発したとのこと。
新たに加わったアイドリングストップ機構(AS&G=オートストップ&ゴー)との合わせ技で、マイチェン前に比べて10・15モード燃費は1.8〜2.0km/リッター向上しており、FFモデルの燃費は17.0km/リッター。エコカー減税の対象となる。

「ギャランフォルティス スポーツバック」に搭載される1.8リッターエンジンの10・15モード燃費は17.0km/リッター(FF仕様)。JC08モードでは15.8km/リッター。エコカー減税(75%減税)の対象となる。
「ギャランフォルティス スポーツバック」に搭載される1.8リッターエンジンの10・15モード燃費は17.0km/リッター(FF仕様)。JC08モードでは15.8km/リッター。エコカー減税(75%減税)の対象となる。
    拡大
「ギャランフォルティス スポーツバック」は質感を高めるために、インテリアの細部に手が加わっている。まずフロントドア、およびリアドアのトリム中央部がソフトレザーに変更され、コンソールパネルの色もつやつやしたブラックになっている。シート生地も、見た目と触感にこだわったものを新採用した。
「ギャランフォルティス スポーツバック」は質感を高めるために、インテリアの細部に手が加わっている。まずフロントドア、およびリアドアのトリム中央部がソフトレザーに変更され、コンソールパネルの色もつやつやしたブラックになっている。シート生地も、見た目と触感にこだわったものを新採用した。
    拡大
「ギャランフォルティス」「ギャランフォルティス スポーツバック」ともに、1.8リッターエンジン搭載モデルは「ヒルスタートアシスト」が標準装備となり、坂道発進時にずり下がることなくスタートできるようになった。また、マイナーチェンジに伴い、走行中にブレーキペダルとアクセルペダルを同時に踏んだ時にブレーキを優先する「ブレーキオーバーライド制御」を全車標準採用とした。
「ギャランフォルティス」「ギャランフォルティス スポーツバック」ともに、1.8リッターエンジン搭載モデルは「ヒルスタートアシスト」が標準装備となり、坂道発進時にずり下がることなくスタートできるようになった。また、マイナーチェンジに伴い、走行中にブレーキペダルとアクセルペダルを同時に踏んだ時にブレーキを優先する「ブレーキオーバーライド制御」を全車標準採用とした。 拡大

燃費は同じ土俵で戦える

続いてデリカD:5。冒頭で「意外とカッコいい」と記したけれど、カッコよさはデリカD:5の販売実績にも表れている。FF車と四駆車の販売比率は2:8で、この手の他社製品とはまったく逆の比率になっているのだ。ゴツいのにちょっと未来的という個性的な外観から入るから、みなさん四駆モデルを選ばれるのだと思う。

ただし、今回マイチェンを受けたのは2リッターのFFモデル。内容はギャランフォルティスにほぼ準じるもので、2リッターのMIVEC新エンジンとアイドリングストップ機構の組み合わせで、燃費が従来型比で約14%向上。10・15モード燃費で15.0km/リッターとなり、同クラスのライバルたちとの燃費スペック合戦への参加資格を得た。

排気量に200ccの余裕があるせいか、ギャランフォルティスの1.8リッターユニットと違って、停止状態からアクセルを踏む場面でじわじわとトルクが湧き出るようなフィーリングがある。2.4リッターエンジンも四駆モデル向けに残されるけれど、2リッターエンジンで足りないと思える場面はなかった。

久しぶりにデリカD:5にじっくり乗って感じたのは、3列目シートの出来のよさ。無理やりとってつけたような安普請ではなく、大人の長距離移動に耐えうるようにできている。その分、3列目シートのアレンジにかなりの腕力とコツが要るけれど、ミニバンのライバルを見渡すと、3列目の快適さはD:5の個性だ。まろやかな乗り心地も、3列目シートのゆったり感とマッチしている。
四駆モデルに注目が集まりがちだけれど、外観デザイン、3列目シート、そして乗り心地と、FFモデルでもデリカD:5はほかのミニバンとは明らかに異なる個性がある。

トルキーなエンジン、懐の深い乗り心地、しっかりした3列目シートなどがあいまって、温かみがあって頼れるミニバンになっている。昔、何かの雑誌で「まいうー」の石ちゃん(石塚英彦)がデリカ スペースギアに乗っているのを見て、人とクルマのキャラが一体化していると思った記憶がある。石ちゃんは、D:5にもフィットしそうだ。

「デリカD:5」に搭載されるのは、10・15モード燃費で15.0km/リッターを達成した2リッターエンジン。アイドリングストップ装置の作動は自然で、違和感なし。
「デリカD:5」に搭載されるのは、10・15モード燃費で15.0km/リッターを達成した2リッターエンジン。アイドリングストップ装置の作動は自然で、違和感なし。
    拡大
「デリカD:5」の3列目は5:5分割のベンチシートだが、掛け心地は良好だ。
「デリカD:5」の3列目は5:5分割のベンチシートだが、掛け心地は良好だ。
    拡大
「デリカD:5」の3列目シートの収納は、横に跳ね上げるタイプのため、ちょっとしたコツと、成人男性の力が必要。こまめに3列目を出したり畳んだりするのではなく、ずっと出しっぱなしの使い方に向いている。
「デリカD:5」の3列目シートの収納は、横に跳ね上げるタイプのため、ちょっとしたコツと、成人男性の力が必要。こまめに3列目を出したり畳んだりするのではなく、ずっと出しっぱなしの使い方に向いている。 拡大
「デリカD:5」は、2年前のマイナーチェンジでFFモデルも四駆と同じ顔になっている。確かにこの顔のほうが、D:5の立ち位置がはっきりする。今回のFFモデルのマイチェンでは外観の変更はほとんどなく、エントリーグレード「M」のホイールカバーが変わったぐらい。
「デリカD:5」は、2年前のマイナーチェンジでFFモデルも四駆と同じ顔になっている。確かにこの顔のほうが、D:5の立ち位置がはっきりする。今回のFFモデルのマイチェンでは外観の変更はほとんどなく、エントリーグレード「M」のホイールカバーが変わったぐらい。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

外と中ではキャラが違う

ギャランフォルティス スポーツバックとデリカD:5の弱点は共通している。それは、インテリアが味気ないということ。どちらも外観はおもしろくて「おおっ!」と盛り上がるのに、車内に入った瞬間に冷めてしまう。なんというか、外観をデザインしてインテリアに移るところで、気力か体力かお金が枯れてしまった感じ。

まったく同じようにしてほしいわけではないけれど、インテリアの造形にしても触った感じにしても、アウディやボルボぐらいの気配りがあるとおもしろいクルマになるのではないか。いまのままだと、外見と中身と走らせたフィーリングで、キャラが別々だ。

と、ここまで書いて、三菱自動車へのモヤモヤした気持ちが何か、はっきりした。要は、どういう自動車メーカーを目指すのかをはっきりしてほしいのだ。
三菱自動車の肩を持てば、欧州仕様のRVRに積まれるディーゼルエンジンが高く評価されていたり、ノルウェーで「i-MiEV」がコンパクトクラスの売り上げナンバーワンに輝いていたりするわけで、エコな自動車メーカーという方向もあるはず。個性的なデザインを推し進める方法もあるだろうし、昨年始めた「最長10年10万km特別保証」をもっとアピールして、長く付き合える自動車メーカーになるのもいい。

少しぐらい負けがこんだって、進むべき道がはっきりしていて、ちょっとずつでも前に向かっているのであれば、自動車ファンや三菱サポーターは応援するはず。僭越(せんえつ)ながら、三菱自動車(と浦和レッズ)にはそのようにお伝えしたいのです。

(文=サトータケシ/写真=小河原認)

「デリカD:5」のインテリアは変更なし。マイナーチェンジと同時に、インパネに木目調パネルを採用した特別仕様車の「デリカD:5 CHAMONIX(シャモニー)」が設定された。
「デリカD:5」のインテリアは変更なし。マイナーチェンジと同時に、インパネに木目調パネルを採用した特別仕様車の「デリカD:5 CHAMONIX(シャモニー)」が設定された。
    拡大

三菱ギャランフォルティス スポーツバック スポーツ/デリカD:5 G-Powerパッケージ【試乗記】の画像 拡大
「ギャランフォルティス スポーツバック」のインパネ。
「ギャランフォルティス スポーツバック」のインパネ。 拡大
【テスト車のオプション装備】
ボディーカラー<パッションオレンジパール>=3万1500円/スポーティーパッケージ=4万2000円/7インチHDDナビゲーション=30万9750円/SRSサイド&カーテンエアバッグ=8万4000円
【テスト車のオプション装備】
    ボディーカラー<パッションオレンジパール>=3万1500円/スポーティーパッケージ=4万2000円/7インチHDDナビゲーション=30万9750円/SRSサイド&カーテンエアバッグ=8万4000円 拡大

関連キーワード:
ギャランフォルティスデリカD:5三菱試乗記

あなたにおすすめの記事