第357回:「iMiEV」=三菱にとっての「プリウス」!
 もしかして真の敵は“お役所仕事”!?

2008.04.18 エッセイ

第357回:「iMiEV」=三菱にとっての「プリウス」! もしかして真の敵は“お役所仕事”!?

現在最も現実的な電気自動車

いやビックリしちゃったぜ三菱「iMiEV」! すでにいろいろレポートされてるけど、軽自動車「i(アイ)」ベースのメチャクチャ完成度の高い電気自動車で、上手くいけばわずか2年後の2010年には実用化が見込めるってシロモノだ。
ほかにも日産やらスバルやら、電気自動車のプランは数あれど、ここまで現実的なのも珍しいんじゃないでしょうか?

実際、俺も今年始めにお台場周辺で乗ってビックリ。バッテリーを床下搭載するがゆえの低重心ボディからくる乗り心地の良さや、ハンドリングの良さはもちろん、加速力もエンジンの代わりにリアに積んだ47kW、つまり軽自主規制枠と同じ出力の64psモーターで文句ナシ! いや文句ナシどころか一部低速トルク、滑らかさはエンジン以上なわけで、逆にノーマル「i」以上の部分もある。

唯一、走りの“質”に関しては超低速、つまり発進直後にガソリンエンジンじゃありえない極太トルクゆえのネジリ共振が発生しやすいんだけど、それもほとんど解決できてて、あら探しレベル。問題だった航続距離も、現在はGSユアサと三菱グループが共同開発した200kgのリチウムイオン電池によって、最大160kmぐらい走れるそうで、街乗りだけならほぼ十分な距離だろう。

充電についても、家庭用の100V電源やら200V電源を使ってできるのでインフラの問題も特になし。急速充電器を使えばわずか30分でバッテリー容量の8割がた充電できるっていうのもポイントが高い!
つまり、あまり遠出はできないけど、近所の買い物やら通勤に使うには全然OKってわけよ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』