【スペック】全長×全幅×全高=4425×1810×1300mm/ホイールベース=2350mm/車重=1460kg/駆動方式=RR/3.8リッター水平対向6DOHC24バルブ(355ps/6600rpm、40.8kgm/4600rpm)/価格=1310万円(テスト車=1536万4000円)

ポルシェ911 カレラS(RR/6MT)【試乗記】

カレラSを選ぶワケ 2008.04.16 試乗記 ポルシェ911 カレラS(RR/6MT)……1536万4000円

ポルシェ911シリーズには、実に様々なバリエーションがある。カレラSは、標準モデルのカレラより排気量が200cc大きい“モアパワフル”バージョン。その魅力に迫る。

ベスト911はどれだろう?

ポルシェ911シリーズのラインナップをあらためて見わたすと、その数の多さに驚く。GT2の登場で完成した現行の997型911のグレード数は全部で実に15モデルにも及び、ステアリングの左右、MT/ティプトロニックまで含めれば、選択肢はさらに増える。しかも、そのどれもが明確な個性を持っていて、それぞれに選びたくなる理由があるのだから溜息が出てしまう。どれを選んでも紛れもなく911であり、それぞれが明らかに違った味を堪能させてくれるのだ。

そんなラインナップの中から基本に立ち返って1台を選ぶなら、クーペボディで後輪駆動の「カレラ」シリーズが候補の筆頭に挙げられる。まさに911の基本形と言うべきカレラだが、実際に手に入れるとなったら、さてカレラとカレラSのどちらを選ぶべきか。カレラのエンジンは最高出力325psの3.6リッター。対するカレラSは最高出力355psの3.8リッターを積む。速さで選ぶならカレラSだが、それを突き詰めるならターボもGT3もある。それでもなお、カレラSを選ぶ理由はどこにあるだろうか?

モータージャーナリストの島下泰久氏。
モータージャーナリストの島下泰久氏。
【テスト車のオプション装備】
スレートグレーメタリック=41万4000円/シートヒーター=7万円/PCCB=141万7500円/19インチターボホイール=14万7000円/スポーツクロノパッケージ=14万1000円/スポーツシート=7万4500円
【テスト車のオプション装備】スレートグレーメタリック=41万4000円/シートヒーター=7万円/PCCB=141万7500円/19インチターボホイール=14万7000円/スポーツクロノパッケージ=14万1000円/スポーツシート=7万4500円

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る