【スペック】全長×全幅×全高=4915×1865×1435mm/ホイールベース=2845mm/車重=2020kg/駆動方式=4WD/5.2リッターV10DOHC40バルブ(435ps/6800rpm、55.1kgm/3000-4000rpm)/価格=1258.0万円(テスト車=1306.0万円)

アウディS6(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

アウディS6(4WD/6AT) 2008.04.15 試乗記 ……1306.0万円
総合評価……★★★★

5.2リッターV10エンジンを搭載した、アウディのハイパフォーマンスモデル「S6」。高性能クワトロモデルの走りを試す。

アウディS6(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

「Sモデル」の伝統

“最高出力435psの5.2リッターV10”なんて聞くと、凄まじく速いんだろうなぁと思うと同時に、パワーを持てあましそうでコワイと不安になる。でも、アウディの手にかかればそんな心配は一切無用。腕自慢のドライバーにかぎらず、高性能を支配できるのがアウディ「Sモデル」の伝統である。
それを支えているのが、アウディのお家芸ともいえるフルタイム4WD「クワトロ」であるのはいうまでもない。テクノロジーで荒々しさを包み込み、クワトロによって強大なパワーを手なずけるアウディ流のクルマづくりこそ、ラクシャリースポーツ市場で戦うこの「S6」の武器なのだ。
それだけに、スポーツモデルならではの刺激が欠けるのかもしれないけれど、日々の生活でも快適に使えて、いざとなればスポーツカー顔負けのパフォーマンスを発揮するS6は、「A6」の最上級グレードにふさわしい才能の持ち主といえるだろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS6/S6アバント(20) 2006.5.9 画像・写真 今年後半にも投入が予定されるアウディ新型「S6」。5.2リッターV10エンジンを搭載するハイパフォーマンスモデルを写真で紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • アウディS6(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2008.4.15 試乗記 ……1306.0万円
    総合評価……★★★★

    5.2リッターV10エンジンを搭載した、アウディのハイパフォーマンスモデル「S6」。高性能クワトロモデルの走りを試す。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編)NEW 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
ホームへ戻る