【スペック】全長×全幅×全高=4350×1800×1460mm/ホイールベース=2635mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/1.7リッター直4DOHC16バルブターボ(235ps/5500rpm、30.6kgm/4500rpm、34.7kgm/1900rpm)/価格=388万円(テスト車=同じ)

アルファ・ロメオ ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6MT)【試乗記】

ハードな切り札 2012.01.26 試乗記 アルファ・ロメオ ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6MT)
……388万円

「クアドリフォリオ ヴェルデ」は、リッター135psの「1750ユニット」を搭載する新型「ジュリエッタ」の最強グレードだ。“緑のクラブ”はジュリエッタの切り札となるか?

「VWゴルフ」の隙を狙う

「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」のカタログをじっくり見てみると、価格、パワースペックにおいて、最大のライバルである「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を実によく研究したグレード設定であることがわかる。

ゴルフが6つのグレードを設定し、価格が264万〜505万円、最高出力は105ps〜256psの幅をもつのに対して、ジュリエッタはゴルフのグレードの隙間を埋めるように「スプリント」、「コンペティツィオーネ」、「クアドリフォリオ ヴェルデ」の3グレードをラインナップし、価格は318万、358万、388万円の3種類、最高出力は170ps、235psの2種類を設定する。具体的には、スプリントはゴルフの「コンフォートライン プレミアムエディション」と「ハイライン」の間を、コンペティツィオーネはハイラインと「GTI」の間を埋める価格となっている。

もちろん、本国では両者ともディーゼルを含めもっと多くのラインナップを設定するが、ここ数年、日本で年に2万台以上売れているゴルフに対して、先代「147」の最盛期でも年5000台弱だったアルファが、ゴルフと同じだけきめ細かくグレード展開するのは難しい。だからこそ、日本で最も売れている輸入車であるゴルフの客を効率よく奪えるようなグレード設定としたのに違いない。ま、このクルマが登場して間もなく2年もたつわけで、ゆっくり研究する時間があったのだろう。

ここで書くクアドリフォリオ ヴェルデは、ジュリエッタのなかで唯一異なるエンジンを積むトップグレードだ。ゴルフGTIとほぼ同じパワースペックをもち、価格はGTIより20万円高い388万円。これを、輝かしいヒストリーをもつアルファ・ロメオのトップグレードが“国民車特別版”の20万円高で買えると考えるか、それともただ単に割高と考えるかは人それぞれだが、動力性能も実用性も伯仲しているから、実際にディーラーが出した条件と好みを考慮して好きな方を選べばいいと思う。どっちを買っても、まず「損した」とは思わないはずだ。

左右のフロントフェンダーに、四つ葉のクローバー(クアドリフォリオ ヴェルデ)エンブレムが付く。
左右のフロントフェンダーに、四つ葉のクローバー(クアドリフォリオ ヴェルデ)エンブレムが付く。
ダッシュボードは水平方向に広がるシンプルな造形。ダークブラッシュドアルミニウムのパネルがクールな雰囲気を演出する。
ダッシュボードは水平方向に広がるシンプルな造形。ダークブラッシュドアルミニウムのパネルがクールな雰囲気を演出する。
レッドステッチ付きのブラックレザーシートが標準で装着される。
レッドステッチ付きのブラックレザーシートが標準で装着される。
トランスミッションは6段MTのみ。シフトレバーの前方に、ドライビングモードの統合制御システム「D.N.A.」のスライドスイッチが用意される。
トランスミッションは6段MTのみ。シフトレバーの前方に、ドライビングモードの統合制御システム「D.N.A.」のスライドスイッチが用意される。
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る