【スペック】全長×全幅×全高=4350×1800×1460mm/ホイールベース=2635mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/1.7リッター直4DOHC16バルブターボ(235ps/5500rpm、30.6kgm/4500rpm、34.7kgm/1900rpm)/価格=388万円(テスト車=同じ)

アルファ・ロメオ ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6MT)【試乗記】

ハードな切り札 2012.01.26 試乗記 アルファ・ロメオ ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6MT)
……388万円

「クアドリフォリオ ヴェルデ」は、リッター135psの「1750ユニット」を搭載する新型「ジュリエッタ」の最強グレードだ。“緑のクラブ”はジュリエッタの切り札となるか?

「VWゴルフ」の隙を狙う

「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」のカタログをじっくり見てみると、価格、パワースペックにおいて、最大のライバルである「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を実によく研究したグレード設定であることがわかる。

ゴルフが6つのグレードを設定し、価格が264万〜505万円、最高出力は105ps〜256psの幅をもつのに対して、ジュリエッタはゴルフのグレードの隙間を埋めるように「スプリント」、「コンペティツィオーネ」、「クアドリフォリオ ヴェルデ」の3グレードをラインナップし、価格は318万、358万、388万円の3種類、最高出力は170ps、235psの2種類を設定する。具体的には、スプリントはゴルフの「コンフォートライン プレミアムエディション」と「ハイライン」の間を、コンペティツィオーネはハイラインと「GTI」の間を埋める価格となっている。

もちろん、本国では両者ともディーゼルを含めもっと多くのラインナップを設定するが、ここ数年、日本で年に2万台以上売れているゴルフに対して、先代「147」の最盛期でも年5000台弱だったアルファが、ゴルフと同じだけきめ細かくグレード展開するのは難しい。だからこそ、日本で最も売れている輸入車であるゴルフの客を効率よく奪えるようなグレード設定としたのに違いない。ま、このクルマが登場して間もなく2年もたつわけで、ゆっくり研究する時間があったのだろう。

ここで書くクアドリフォリオ ヴェルデは、ジュリエッタのなかで唯一異なるエンジンを積むトップグレードだ。ゴルフGTIとほぼ同じパワースペックをもち、価格はGTIより20万円高い388万円。これを、輝かしいヒストリーをもつアルファ・ロメオのトップグレードが“国民車特別版”の20万円高で買えると考えるか、それともただ単に割高と考えるかは人それぞれだが、動力性能も実用性も伯仲しているから、実際にディーラーが出した条件と好みを考慮して好きな方を選べばいいと思う。どっちを買っても、まず「損した」とは思わないはずだ。

左右のフロントフェンダーに、四つ葉のクローバー(クアドリフォリオ ヴェルデ)エンブレムが付く。
左右のフロントフェンダーに、四つ葉のクローバー(クアドリフォリオ ヴェルデ)エンブレムが付く。
ダッシュボードは水平方向に広がるシンプルな造形。ダークブラッシュドアルミニウムのパネルがクールな雰囲気を演出する。
ダッシュボードは水平方向に広がるシンプルな造形。ダークブラッシュドアルミニウムのパネルがクールな雰囲気を演出する。
レッドステッチ付きのブラックレザーシートが標準で装着される。
レッドステッチ付きのブラックレザーシートが標準で装着される。
トランスミッションは6段MTのみ。シフトレバーの前方に、ドライビングモードの統合制御システム「D.N.A.」のスライドスイッチが用意される。
トランスミッションは6段MTのみ。シフトレバーの前方に、ドライビングモードの統合制御システム「D.N.A.」のスライドスイッチが用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュリエッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る