【スペック】全長×全幅×全高=4150×1750×1535mm/ホイールベース=2540mm/車重=1320kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=269.0万円(テスト車=同じ)

プジョー207SW(FF/4AT)【試乗速報】

リアシートに笑顔を 2008.04.14 試乗記 プジョー207SW(FF/4AT)
……269.0万円

プジョーの人気ナンバーワンモデル「207」に、ステーションワゴンが加わった。SWならではの作り込みとは?

アピール度高し

それにしても、この外観のインパクトは大きい。ハッチバックも存在感抜群の「プジョー207」だが、新しい仲間である「207SW」のスタイリングは、さらに上を行く。サイドまで回り込んだリアウインドウと一体化した巨大なテールランプはアロー形状を描き、後方に向けてせり上がるサイドウインドウとともに軽快感を演出。後ろ姿のアピール度は、これまた強烈なフロントマスクにも決して負けていない。正直、カッコいいとかうまくまとまっているとか、そんな風に表現できるデザインではない。けれど、それを納得させるというか押し切るパワーが、そこに宿っているのはたしかだ。

その成り立ちは先代206SWと同様である。すなわち207ハッチバックのリア部分を延長したワゴン版が、この207SW。スリーサイズは全長が207に対して+120mmの4150mm、全幅が変わらず1750mm、全高が+65mmの1535mmとなる。ホイールベースは変わらず2540mmである。

サイズアップは当然、ラゲッジスペースの拡大に繋がっている。容量は通常時で337リッター、最大で1258リッターで、ハッチバックとの差はそれぞれ67リッター、335リッターと歴然だ。しかも開口部の下端が約140mm低められ、フロア下や側面に収納を配置するなど、使い勝手にも配慮されている。リアシートの折り畳み方法が、背もたれを前倒しすると座面が連動して前方斜め下に沈み込むダイブダウン式へと改められたのも注目。206SWのように起こした座面の裏側のスポンジやら何やらが丸見えになってしまうことはなくなった。

ハッチバックより遅れて企画が始まった206SWに対して、207SWは207シリーズの開発当初から、それを前提に開発されていたという。きっと、それがこうした細かい部分のつくり込みにも反映されているに違いない。


プジョー207SW(FF/4AT)【試乗速報】の画像

プジョー207SW(FF/4AT)【試乗速報】の画像
207SWはハッチゲートのガラス部のみのオープンも可能となった。
207SWはハッチゲートのガラス部のみのオープンも可能となった。
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る