【スペック】ノート・ライダーHPS(右):全長×全幅×全高=4060×1690×1515mm/ホイールベース=2600mm/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(116ps/6000rpm、15.9kgm/3600rpm)/価格=193万4100円(テスト車=215万4600円/バイキセノンヘッドランプ=6万3000円/シンプルナビゲーションシステム(DVD方式)=12万6000円/特別塗装色(ホワイトパール)=3万1500円)

オーテックファクトリーカスタムカー試乗会【試乗記(前編)】

オーテックファクトリーカスタムカー試乗会(前編) 2008.04.10 試乗記 日産車をベースにコンプリートカーを作るオーテックから、“ワンランク上の走り”にこだわったモデルが登場した。4台を集めた一気乗り試乗会で、その実力を試す。

明確な違いを打ち出すために

(1)特装車及び部用品等の企画、開発、生産、販売
(2)モータースポーツ車用エンジンの開発
(3)日産直納車、輸出車の架装請負

……と、会社概要書からその“事業内容”を拾い出してみると少々厳めしい。要は「日産ではなかなか手を出しづらい、少数のスペシャルティビークルの創造」を目的に1986年に設立されたのがオーテックジャパンである。日産の100%出資にして“独立会社”であるのも特徴だ。

日産車同様の品質保証が行われ、コンプリートカー販売を前提としたトータルコーディネーション=“ファクトリーカスタム”が謳われる、そんなオーテック社のモデル4台を、一気にテストドライブする機会が設けられた。ちなみに、同社が自らこうした試乗イベントを企画するのは、初の試みであるという。

集められた4台は、「ハイパフォーマンススペック/パフォーマンススペック」と呼ばれる、外装以外に走りの面でも手が加えられたクルマ。チューニングのポイントは、「試乗して、ノーマルとの違いがすぐわかる」ことだという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 「日産ノート」にハイブリッド車の「e-POWER」が登場 2016.11.2 自動車ニュース 日産がコンパクトカー「ノート」をマイナーチェンジ。新たにハイブリッド車の「e-POWER」を設定した。e-POWERはエンジンが発電した電気によってモーターを駆動する、シリーズハイブリッドシステムであり、最高で37.2km/リッターの燃費を実現している。
  • 「日産ノート」に上質な内外装のカスタマイズモデル「モード・プレミア」登場 2016.11.2 自動車ニュース オーテックジャパンが、日産のコンパクトカー「ノート」の新しいカスタマイズモデル「モード・プレミア」を12月に発売すると発表。高級感を重視した特別な内外装が特徴で、オプションで運動性能を高める「ツーリングパッケージ」も用意されている。
  • 日産ノート MEDALIST(FF/CVT)【試乗記】 2012.11.27 試乗記 日産ノート MEDALIST(FF/CVT)
    ……184万2750円

    燃費性能と使い勝手のよさをウリとする新型「日産ノート」。実際の燃費は? 走りや乗り心地は? 上級グレード「MEDALIST(メダリスト)」で試した。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
ホームへ戻る