第355回:ホントに喜んでていいの? 全然スッキリしない理念なきガソリン価格たちへ

2008.04.09 エッセイ

第355回:ホントに喜んでていいの? 全然スッキリしない理念なきガソリン価格たちへ

喜んでばかりはいられない

話題の激安ガソリン、やっと入れてきましたっ! そう、現金会員価格でレギュラー1リッター124円! ハイオク135円!! ま、会員っつったってテキトーに住所と名前書くだけで作れるおキラクなものなんで、事実上誰でもこのお値段でしょう。他にもっと安いところもあるみたいだけど、俺の住んでる大田区じゃおそらくトップレベル。
一瞬、たしかにホッとはします。今回だいたい50リッター近く入れたから、暫定税率ありの時に比べて、1000円以上も安くなってる計算。この差はデカい!!

なーんて、でも正直なんかスッキリしないんだよなぁ。もちろん、それは1ヶ月後には暫定税率が復活するかも? ってイヤーな値上げの話もそうだけど、それ以上に結局のところ根本的な解決策、論議がほとんど進んでない気がするからだ。安くはなって一瞬、これは素晴らしい! なんてカン違いしそうだけど、騙されちゃいけない。逆に本質的な問題はおざなりになってしまいがちな気がする。

“ガソリン価格はどうあるべきか?”というそもそも論である。

個人的な感覚からすると、ガソリン価格はもうちょっと高めでもいいと思う。レギュラーでリッター150円前後、ハイオクで160円前後。もちろん安くはないが、その分、燃費のいいクルマを買おうという気になるし、小さくて無駄の少ないクルマを選びたくなる。
たしかに高級大排気量スポーツカーが売れなくなるのは我々業界人には寂しい。しかしそれはそれ。この地球温暖化の時代に好燃費のクルマを選択するのは正しいし、よっぽど大排気量車に乗りたければお金持ちになるべくがんばればいい。
これからのスポーツドライビングは、軽く、小さく、燃費がいいクルマですべき。その方向性は間違ってない気がする。

たとえば今のヨーロッパ、具体的にはドイツのフランクフルトを考えると日本のガソリンは十分安いと言える。レギュラーでリッター1.4ユーロ、ハイオクで1.4ユーロは当たり前で、単純に日本円に換算するとなんと220円とか240円!! とかトンでもない値段になる。ま、1ユーロ=160円ってとんでもない為替がゆえのマジックでもあるが、とにかくそう考えると日本のガソリンはもともと安い。暫定税率付きでも安いのだ。

大田区、小沢事務所の近くで一番安かったとこ。
大田区、小沢事務所の近くで一番安かったとこ。
ドイツ・フランクフルトにある、行きつけのスタンド。高い!
ドイツ・フランクフルトにある、行きつけのスタンド。高い!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』