第20回:フェラーリが主役……でも、あの名車がボコボコに!
『ペントハウス』

2012.01.26 エッセイ

第20回:フェラーリが主役……でも、あの名車がボコボコに! 『ペントハウス』

「599GTO」は、主役じゃない

この映画の陰の主役はフェラーリだ。ストーリーの重要な役割を担い、アクションの立役者でもある。でも、フェラーリファンは見ていて思わず悲鳴を上げてしまうかもしれない。クルマ好きからすれば想像を絶するひどい扱いを受ける場面が連続する。

ニューヨークのセレブ向け高級マンション「ザ・タワー」が舞台である。最上階には富豪のアーサー・ショウ(アラン・アルダ)が居を構え、屋上に専用のプールをしつらえて優雅な生活を送っている。ザ・タワーの管理・運営を仕切っているのが、敏腕マネジャーのジョシュ(ベン・スティラー)だ。たくさんの使用人を束ね、わがままな居住者たちの要望をこなすべく日々奮闘している。身分は違うものの、アーサーとは信頼関係があり、時にチェスの相手を務めるほど親しい間柄だ。

タワーの地下駐車場には高級車がうじゃうじゃと湧いて出てきたかのようで、「ベントレー・コンチネンタル スーパースポーツ」が停められていても目立たない。その近くにある真っ赤なボディーは、よく見ると「フェラーリ599GTO」だ。でも、この映画で活躍するモデルは、これではない。フェラーリ史上最速のロードカーをもしのぐ価値の歴史的名車が登場する。

(c) 2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
第20回:フェラーリが主役……でも、あの名車がボコボコに! −『ペントハウス』
第20回:フェラーリが主役……でも、あの名車がボコボコに! −『ペントハウス』

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。