【スペック】全長×全幅×全高=4400×1830×1380mm/ホイールベース=2530mm/車重=1650kg/駆動方式=FF/2.2リッター直4DOHC16バルブ(185ps/6500rpm、23.4kgm/4500rpm)/価格=505.0万円(テスト車=521.0万円)

アルファ・ロメオ・アルファ・スパイダー2.2JTSセレスピード ディスティンクティブ(FF/6AT)【ブリーフテスト】

アルファ・ロメオ・アルファ・スパイダー2.2JTSセレスピード ディスティンクティブ(FF/6AT) 2008.04.09 試乗記 ……521.0万円
総合評価……★★★★
アルファ・ロメオの2シーターオープン「アルファ・スパイダー」。2.2リッターモデルの2ペダル式6段MTセレスピードに試乗。その乗り心地とは。

アルファ・ロメオ・アルファ・スパイダー2.2JTSセレスピード(FF/6AT)【短評】

カッコ良さ命

「アルファ・スパイダー」――言ってしまえば“カッコ付けモデルの最右翼”のようなクルマ。「無理が通れば道理が引っ込む」は言い過ぎかもしれないが、おそらくはその位の心意気をもってデザイン開発されたのが歴代のアルファ・スパイダーだ。

朝一番でドアを開いた瞬間、夜露をシカと溜めた撥水性のソフトトップから大量の水がシート上へとながれ落ちるのを目のあたりにしながら、まずはそんなことを考えた。やはり、2006年にモデルチェンジして2代目になっても、アルファ・スパイダーの「まずはカッコ良さこそ命」という姿勢には何の淀みもないのだ。

関連記事
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • 「アルファ4C/4Cスパイダー」に創業107周年記念の特別仕様車 2017.4.25 自動車ニュース FCAジャパンは2017年4月25日、アルファ・ロメオの創業107周年を記念した特別仕様車「4C/4C Spider 107th Edition」を設定し、2017年5月1日から6月30日までの期間限定で注文を受け付けると発表した。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
ホームへ戻る